FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »03
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新刊案内「近代科学はなぜ東洋でなく西欧で誕生したか」
近代科学はなぜ東洋でなく西欧で誕生したか
-近代科学から現代科学への転換とその意義-

       菅野礼司著  (2019.1.吉岡書店)
  (2,500円 税別)


近代科学の成立の意義は、その誕生自体が人類の文明史における一大エポックであるばかりでなく、それが以後の人類史を転換し発展させる原動力となったことを思えば、これほど大きな歴史的事象はないであろう。それゆえ、このテーマはこれまでに多くの科学史家の重要な課題として関心が寄せられ、研究されてきた。筆者は物理学が専門であり科学史が専門ではないが、科学論の研究とともに、興味をもってこの問題に取り組んできた。

古代から近代科学の誕生まで、東西の文化圏における自然観、思考形式(論理学、数学など)、技術、社会における科学の地位などを比較検討した。
 表題の課題を考察する基本的観点と論点は、1.科学は思想・文化であること、2. 風土に基づく自然観と思考形式が科学に反映されていること、3.科学・技術の性格は、社会制度に規定された科学の目的と科学の担い手に依存、4.科学の質的進化には、その発展段階に適応した新たな自然観と思考形式を持った文化圏(民族)による科学の継承と発想の転換が必要ということである。
東西の文化圏にそれぞれの科学・技術が生まれたが、自然観や思考形式が異なるので、その性格・内容も異質である。
中国の思考法は具象的・実学的で、普遍化体系化に向いてない、インドのそれは普遍的・観念的で科学の概念も明確でなかった、西洋は分析的・論理的で、原理・法則を徹底して追求する傾向が強い。
古代ギリシアからアラビア(イスラム圏)・ラテン・西欧へと、科学の発展段階にマッチした文化圏によって引き継がれ、近代科学が誕生した。
中国、インドの科学・技術は中世までかなり進んでいたが、文化圏としてほぼ閉じていたために、尚古主義に陥り科学の進歩は停滞した。
近代科学の基磯にある自然観は機械論的、原子論的、数学的自然観である。これら自然観と「数学的実験科学」という思想は、東洋には生まれなかった。
最後に、近年の「科学・技術に対する批判」に関連して、近代科学から現代科学への転換の様相とその意義を科学の論理と方法、自然観を中心に考察した。
近代科学から現代科学への転進では、自然観や科学の論理などに質的転換がある。その様相と意義を概観した。

目次

序章
第1節 はじめに
第2節 科学・技術の社会的機能
第3節 「科学」とは何か
第4節 アプローチの方法
第5節 近代科学の特徴:方法と論理

第1章 古代文明における科学と技術
第1節 古代の四大文化圏における自然観と技術
第2節 古典科学の誕生:技術から科学への進展
第3節 中国文明と古典科学
第4節 インド文明と古典科学
第5節 ギリシア文明と自然哲学
第6節 古代科学文明のまとめ

第2章 中世における科学・技術
第1節 中国の自然観と科学・技術
第2節 中世インドの科学
第3節 アラビア科学(イスラム圏の科学
第4節 中世西欧の科学・技術
第5節 まとめ:中世における科学の継承と発展

第3章 近代科学の形成
第1節 近代物理学誕生の前夜
第2節 近代物理学の形成
第3節 近代科学の基礎となる自然観
第4節 デカルト物理学
第5節 惑星に関するケプラーの法則
第6節 学協会の設立
第7節 ニュートンの総合
第8節 第一科学革命
第9節 近代物理学の完成へ
第10節 科学の前線が拡大:物理、化学、生物学
第11節 西欧近代科学の性格と論理的特徴
第4章 現代科学-20世紀の科学の特徴
第1節 20世紀における科学の展開
第2節 第二科学革命
第3節 現代科学の論理の特徴

終章 21世紀の科学:第三科学革命
第1節 自然科学は「人類による自然自体の自己反映」
第2節 21世紀の科学
スポンサーサイト
「信なくば立たず」
 政治は 「信なくば立たず」

辺野古の埋め立て問題で、「珊瑚礁は移転した」という安倍晋三首相のいい加減な発言を、そのまま鵜呑みにして放送したNHKの報道姿勢が強く批判されている。移転された珊瑚礁は一部であり、貴重な珊瑚礁はほとんどそのままとのことである。それにも関わらずNHKは反省し謝罪しようとしない。安倍首相のいい加減な発言、嘘は今に始まったことではない。東京オリンピック招致活動のときに、福島原発事故による放射能物質漏洩に関して、放射能物質はすでに完全にブロックされているとの安倍首相の発言は完全な嘘であったことは。その後の東電の状況から明らかである。今度の珊瑚礁移転発言は、この放射能ブロック発言と同質である。
 
 森友学園問題で、安倍首相を始めとして、彼の周辺の閣僚、官僚、友恵夫人、友人はみな口を揃えて嘘と隠蔽でブロックし、批判、追求をかわしてきた。まさに嘘で固めた「安倍集団」である。首相の「いい加減」と「虚偽」の姿勢に見習って、閣僚の無責任発言、各省庁の文書改竄、データ捏造、いい加減な調査報告が蔓延し、末期的症状を呈してきた。安倍首相の空々しい発言(たとえば辺野古埋め立てについて「沖縄県民に寄り添って」など)を信じる人はもう誰もいないであろう。まさに「信なくば立たず」である。 
 NHKニュースの安倍寄り姿勢は、早期から指摘、批判されてきた。報道姿勢の改善どころか、その傾向はむしろ強まっているように思える。これほど嘘や出鱈目の多い政府の発表や発言については、必ず真偽を検証し、正確を期したものを報道するよう、すべてのマスメディアは努力して欲しい。NHKには特にそれを強く望む。

 トランプ大統領の発言に対して、アメリカのしっかりしたマスコミは「フェイクチェック」をし、トランプ氏と堂々と渡り合って、報道の自由を守ろうとしている。日本のマスコミもその姿勢を見習ってもらいたいものだ。民主主義国家のマスコミの役割は、政府を監視し、政治が歪まないように批判する事であろう。それには、まず正確な報道が不可欠である。
囲碁AIに残された課題:囲碁必勝法の探究について
囲碁AIに残された課題:囲碁必勝法の探究について


 囲碁AI「アルファ碁」は囲碁の勝負では人間を凌駕したので、囲碁の勝負からは引退を宣言した。だが囲碁に関して、AIに残された重要な課題がまだあるはずだ。その一つは「囲碁の必勝法」の解明だと思う。

 一般に、有限手数のゲームなら必勝法は存在するはずである。対戦の全手順を並べ尽くすことができれば、必勝法を見いだすことができるはずだからである。
手数の少ないゲーム(たとえばオセロ)なら、可能な全手順を並べ尽くすことで、結果から逆に辿って必勝法を決定することができるだろう。
囲碁も手数は長いが有限だから、必勝法はあるはず。しかし、囲碁の着手パターン数があまりにも多いので、全局を並べ尽くすことは人力ではできない。量子コンピュータでも不可能である。それでも必勝法があるならば、原理的ながらもそれを追求することは可能なはずだ。この問題は興味深く、かつ次のような理由で有意義な研究課題と思う。

必勝法探究の意義
 これまでのAIのソフト「深層学習」は、莫大な量のデータ(囲碁の場合は、既存の棋譜)から帰納的に学習する方法である。囲碁ルールのみ仕込み、そこから自学自習し上達した囲碁AI「アルファゼロ」は、本格的AIの始まりであるが、それでも莫大な対局を重ねる帰納的学習法(発見法)によるものである。帰納法は常に例外が現れることを前提にしているゆえ、帰納法により得られる法則の予測は必然ではなく、確率である。だから、AIによる着手評価は「何%」というように確率で表される。勝敗の予測にしても同様である。
 
 囲碁のように自由度と手数の多いゲームの必勝法は一通りとは限らない。それにしても、必勝法の手順は確定的であり、確率ではないゆえに、「帰納」ではなく「演繹」の論理、つまり「新たなプログラミングの論理」が必要であろう。推論による証明や創造は帰納法ではできなく、演繹法によらねばならないからである。
全ての手順を並べ尽くすことは、19路盤では無理だが、9路盤なら現在のコンピュータ
でも可能だろう。駄目なら7路盤ですればよい。まず、手始めに7路盤で完全に解析し、見透しをたてる。それを手掛かりにして、9路盤、19路盤へと進むのがよいだろう。
7路盤で全ての棋譜を尽くせるなら、その新理論なしで、虱潰しに必勝方を見いだすことは可能である。だが19路盤の場合は、この演繹論理は不可欠であろう。
 帰納的に法則を見いだす方法だけでなく、演繹的方法により着手を決定するプログラミンが論理を開発しなければならないゆえに、必勝法の研究は演繹的プログラミングを開発することに寄与するだろう。
これまでのAIは経験的に情報を蓄積し、帰納的に学習をするものであり、演繹的アルゴリズムはコンピュータにとって最も苦手とするところである。
 演繹的論理による推論は「証明」や「創造」が可能である。それゆえ、必勝法がわかれば、囲碁理論が質的に変わる可能性もある。演繹には前提となる公理または原理(仮定)が必要である。その公理や原理を基にして推論のアルゴリズムを進めるのである。この方法は、帰納と演繹の中間的思考法でabduction (仮説形成法)といわれるものである。
囲碁の場合、公理は囲碁ルールである。必勝法の演繹は、囲碁ルールだけではできない、それに加えて「原理」が必要である。この原理の発見が鍵であるが、それは非常に難しいだろう。
たとえ囲碁の必勝法が完成されなくとも、その探究は演繹的論理のソフトの開発に資するだろうから、コンピュータの質的転換が起こる可能性がある。そうなれば、深層学習法とは異質(それを超えたもの)のソフトの開発のヒントがえられる。もし仮説形成法や演繹法のプログラムができれば、囲碁だけでなく適用範囲は広くその影響は計り知れない。

(囲碁必勝法の追求手段に関する具体的方法(試論)を含めて、さらに詳しい考察を、囲碁雑誌『囲碁梁山泊』の新年号に掲載予定であったが、編集部の都合で延期になった。)
五輪や万博に浮かれている時代ではない

五輪や万博に浮かれている時代ではない

  2025年の国際博覧会(万博)は大阪に決定したので、関係者や一般市民の喜びの声と共にマスコミは大々的に報道した。2020年の東京五輪に引き続き、大きな国際イベントが日本で開催される。そのことはそれほど喜ぶべきことなのか、疑問の念が湧いてくる。

その理由は、国民生活を犠牲にした経済優先、莫大な予算支出(出所は税金)、環境への悪影響にある。


五輪のテーマ「震災復興」といい、万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」といい、理念は肯定できるがそれらはスローガンに終わり、内実を伴わないように思える。本当の目的は経済効果のみ優先されるのではないか。五輪の設営・運営予算が、最初の予定より何倍にも大きく膨れあがるところにも、その本質が現れている。万博も同じだろう。カジノの開設と抱き合わせの計画を見れば、「輝く未来」の夢は浮かんでこない。本当に利益を得るのは、一部の関係者と財界であろう。

 温暖化ガスCO2の排出削減は遅々として進まぬどころかまだ増え続け、地球環境は悪化して、25年頃には取り返しの付かないところに達するだろう。20年の五輪では、マラソンのみでなく、他の競技にも支障がでて、まともな運営はできなく成るのではないかと、私は以前から言い続けてきた。気候異変に伴う大台風、大水害、大干閥、山林大火災など、年々ひどくなっている。

 大阪万博のテーマ「未来社会のデザイン」は、まず「地球環境の保護・改善」の上に描かれるべきであろう。お祭り騒ぎで浮かれている時期ではないと思う。 

 現在の人類は、地球温暖化・汚染を防ぎ、地球環境を救うことを第一に優先すべきで、やらなくてもすむ大イベントは当分止めるべきである。たとえば、五輪の会場はアテネに固定し、余分な経費を削減するため、誘致競争、会場設営(環境破壊を伴う)を止めるべきだ。そして国威発揚などと、夢中になってメダルの数を競うのもどうかと思う。
 温暖化ばかりでなく、地球は海も山も、そして陸地もゴミの山、「ゴミ屋敷」になりつつある。地球環境の悪化がこのまま進めば、人類の生活は脅かされ、生存すら危うくなる。経済効果を狙うイベントによって、一時的に景気が少し回復したとしても、生きるために生活防衛設備(台風・水害対策、冷暖房など)の経費が嵩んで、その後家計はそれ以上に苦しくなるであろう。
聴取する気になれない国会のテレビ中継
聴取する気になれない国会のテレビ中継

 国会審議は重要であるから、関心は大いにあるが聴取する気になれない。特に安倍政権になってからは、見ないようにしている。その理由は、政府答弁の不誠実さ、誤魔化し、はぐらかしのために与野党の議論がすれ違い、聞いているといらいらするからである。国民は全く馬鹿にされているようで、見るに堪えない。これは精神衛生上非常に良くない。議論のエッセンスを、後の解説か新聞報道により得ることにしている。

 野党の質問に対し、大臣・官僚の答弁にはまともな説明がほとんどなく、問題をはぐらかして平然としている。国民の疑問に誠実に答えて欲しい。安保法制、モリカケ問題、自衛隊日記問題以降、その傾向は特に激しくなっている。安倍首相を始め、麻生大臣、菅官房長官の不誠実で国民を愚弄するような答弁などは耳を覆いたくなる。今問題になっている片山大臣の不祥事にしても詭弁的言い訳で逃げようとしている。安倍首相の「誠実に」「真摯に」「しっかりと」対応するという虚言は聞き飽きた。よくも平然と繰り返しいえると呆れるばかりである。

 とにかく、国会はまともに機能しなくなってから久しい。こんなことで貴重な時間と税金を無駄遣いしていると思うと、やり場のない憤りを覚える。

 マスコミはこの国会の虚しい状態、政府の不誠実さを大々的に強く批判して、与野党の議論が噛み合った実りある審議にするよう、世論を盛り上げる報道をして欲しい。
今の国会の状態では国民は政治に背を向け、議会制民主主義は崩壊するだろう。
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。