FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
五輪や万博に浮かれている時代ではない

五輪や万博に浮かれている時代ではない

  2025年の国際博覧会(万博)は大阪に決定したので、関係者や一般市民の喜びの声と共にマスコミは大々的に報道した。2020年の東京五輪に引き続き、大きな国際イベントが日本で開催される。そのことはそれほど喜ぶべきことなのか、疑問の念が湧いてくる。

その理由は、国民生活を犠牲にした経済優先、莫大な予算支出(出所は税金)、環境への悪影響にある。


五輪のテーマ「震災復興」といい、万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」といい、理念は肯定できるがそれらはスローガンに終わり、内実を伴わないように思える。本当の目的は経済効果のみ優先されるのではないか。五輪の設営・運営予算が、最初の予定より何倍にも大きく膨れあがるところにも、その本質が現れている。万博も同じだろう。カジノの開設と抱き合わせの計画を見れば、「輝く未来」の夢は浮かんでこない。本当に利益を得るのは、一部の関係者と財界であろう。

 温暖化ガスCO2の排出削減は遅々として進まぬどころかまだ増え続け、地球環境は悪化して、25年頃には取り返しの付かないところに達するだろう。20年の五輪では、マラソンのみでなく、他の競技にも支障がでて、まともな運営はできなく成るのではないかと、私は以前から言い続けてきた。気候異変に伴う大台風、大水害、大干閥、山林大火災など、年々ひどくなっている。

 大阪万博のテーマ「未来社会のデザイン」は、まず「地球環境の保護・改善」の上に描かれるべきであろう。お祭り騒ぎで浮かれている時期ではないと思う。 

 現在の人類は、地球温暖化・汚染を防ぎ、地球環境を救うことを第一に優先すべきで、やらなくてもすむ大イベントは当分止めるべきである。たとえば、五輪の会場はアテネに固定し、余分な経費を削減するため、誘致競争、会場設営(環境破壊を伴う)を止めるべきだ。そして国威発揚などと、夢中になってメダルの数を競うのもどうかと思う。
 温暖化ばかりでなく、地球は海も山も、そして陸地もゴミの山、「ゴミ屋敷」になりつつある。地球環境の悪化がこのまま進めば、人類の生活は脅かされ、生存すら危うくなる。経済効果を狙うイベントによって、一時的に景気が少し回復したとしても、生きるために生活防衛設備(台風・水害対策、冷暖房など)の経費が嵩んで、その後家計はそれ以上に苦しくなるであろう。
スポンサーサイト
聴取する気になれない国会のテレビ中継
聴取する気になれない国会のテレビ中継

 国会審議は重要であるから、関心は大いにあるが聴取する気になれない。特に安倍政権になってからは、見ないようにしている。その理由は、政府答弁の不誠実さ、誤魔化し、はぐらかしのために与野党の議論がすれ違い、聞いているといらいらするからである。国民は全く馬鹿にされているようで、見るに堪えない。これは精神衛生上非常に良くない。議論のエッセンスを、後の解説か新聞報道により得ることにしている。

 野党の質問に対し、大臣・官僚の答弁にはまともな説明がほとんどなく、問題をはぐらかして平然としている。国民の疑問に誠実に答えて欲しい。安保法制、モリカケ問題、自衛隊日記問題以降、その傾向は特に激しくなっている。安倍首相を始め、麻生大臣、菅官房長官の不誠実で国民を愚弄するような答弁などは耳を覆いたくなる。今問題になっている片山大臣の不祥事にしても詭弁的言い訳で逃げようとしている。安倍首相の「誠実に」「真摯に」「しっかりと」対応するという虚言は聞き飽きた。よくも平然と繰り返しいえると呆れるばかりである。

 とにかく、国会はまともに機能しなくなってから久しい。こんなことで貴重な時間と税金を無駄遣いしていると思うと、やり場のない憤りを覚える。

 マスコミはこの国会の虚しい状態、政府の不誠実さを大々的に強く批判して、与野党の議論が噛み合った実りある審議にするよう、世論を盛り上げる報道をして欲しい。
今の国会の状態では国民は政治に背を向け、議会制民主主義は崩壊するだろう。
ノーベル医学生理学賞 本庶佑教授に
ノーベル医学生理学賞 本庶佑教授に

今年も日本人科学者本庶佑教授がノーベル医学生理学賞を受賞した。本庶氏ご自身はもとより、日本の基礎研究が認められたことは大変喜ばしいことである。
 ガン治療薬のオブジーボの発明にいたる基礎研究で、免疫細胞の働きを抑えるPD-1分子の発見には、生命の仕組みの奥深さ、複雑さと巧みさに改めて感嘆させられる。


  テレビ会見における本庶教授の、研究に対する確固とした揺るぎなき信念は語る姿には感動を覚えた。日本の現状を憂えてノーベル賞金を基に若手研究者育成のための基金を作るという。

 ノーベル賞となると何時ものように、昨夜からマスメディアは大きく取り上げている。テレビでの受賞紹介のニュースや、討論などを聞いていると、見方が一面的・現象的な傾向があるので気になることが多い。まず言いたいことは、このよう討論の場には、研究現場のことを身を持ってよく知っている科学者を複数参加させるべきである。

 近年は日本の科学研究、特に基礎科学分野で力量が目に見えて低下していることがしばしば指摘されている。将来ノーベル賞級科学者は出にくいという。その理由として挙げられるのは、研究費の減少、研究費の配分法の歪みが第一にあげられている。確かにこれは深刻な問題である。欧米や中国などではGNPに対する研究費率は増えているが、日本はむしろ減っている。科学研究の規模の巨大化、スピード化で研究費は益々増大するから、問題は深刻である。科学研究には無駄がつきものである。また一見無駄のように見える「無用の用」にも目を向けるべきである。研究には精神的ゆとりや遊び心も必要である。「無用の用」も回り回って後で生きてくることもある。
 安倍政権は国際情勢の危機を煽って不必要な軍事費を増やし、アメリカから巨額の兵器を買わされている。それよりも科学研究費や福祉に回すべきだと多くの人は思っているだろう。
 
 日本の科学研究の現状で、憂えるべきは研究資金の不足のみではなく、その配分法である。直接的には実験費の不足のみではない。現状は、成果がすぐ目に見える研究や大型プロジェクトへの重点配分優先である(技術優先)。間接的には、大学・研究所における研究者数の減少である。科学者数を増やし、優遇すること、特に若手研究者の身分を保障し、落ちついて基礎的な問題に長年取り組める研究環境を作ることである。浮き草のような不安定な研究生活を送っている優秀な若手研究者の何と多いことか。偉大な研究成果は、一人の天才によってなされることは稀にあるかも知れないが、まずないといえる。研究者の幅が広く裾野が広がっていることが高山の存在条件である。

 国内外の多くの研究者の交流と討論を通して、その相互刺激によって素晴らしいアイデアが生まれる可能性が高い。ノーベル賞受賞者は、欧米に留学中に、あるいは協同研究で研究テーマを見つけ、発想と研究の腕を磨いた方が多いことにも注目すべきであろう。

 研究条件や研究環境とは何かを総合的に判断した議論や発言が欲しい。研究者の参加してないテレビの議論には、これらのことに着目して本質を突いた発言が見られない。
 誰かの片言節句を引用して、一面的な私見を述べているのを見かけるが、的を外れていることが多い。たとえば、「資金がないから良い研究はできない」というが、それは「何もできない人の言うことだ」といった発言もある。このようなことは稀で、特別な研究者にしか当てはまらない。昔と違い、現代では教育・研究の状況は変わっている。
 
 繰り返すが、この種の討論、議論には、経験豊かな研究者と現場の研究者を複数参加させてるべきである


追記: 
 この研究の最も偉大な成果は、免疫細胞の働きを抑えるPD-1分子の発見にある。免疫細胞の働きを抑えるPD-1に類似するメカニズムは他にもあるだろうから、それは生理学の基礎研究の成果である。それゆえ、この発見こそノーベル賞に値するものであると思う。
  だがマスメディアでは、ガン治療薬のオブジーボの発明の方が大きく取り上げられ、称賛されている。オブジーボの発明も素晴らしい成果ではあるが、それはむしろPD-1発見の応用といえるだろう。

 基礎研究であるPD-1の発見の真価を理解せず、目に見える実用的成果であるオブジーボの方にばかり目が行くのは、日本人の発想、「何お役に立つのか」 の現れであろうか。 これでは、基礎研究が重視されない日本の精神風土は変わらないだろう。
 本庶教授に限らず、これまで多くのノーベル賞受賞者が基礎科学を重視し、育てよと訴えてきたが、改善されない。


マスコミは、そのことを支持し、持ち上げるように、ノーベル賞受賞の意義を報道して欲しい。報道姿勢が歪んでいるように思えてならない。
危機に瀕している地球
危機に瀕している地球

大気汚染:温暖化 
今年は殺人的猛暑続きであった。集中豪雨や、台風の発生数、台風の進路も異常である。この傾向は毎年急速に進んでいるように思える。これも地球温暖化のためであろうが、それが原因で大規模な山火事も頻発している。山林火災により緑が失われるので、これは二重に大気中のCO2を増加させている。
 また、民族間紛争や国内紛争は止まず、紛争の種はむしろ増している。戦争は武器弾薬の浪費と破壊によって、これも二重に環境破壊をしている。
 
地球はゴミ屋敷 
西日本の水害地で、ゴミの山が復旧作業の妨げになっている様子が、写真入りで報じられた。今度の災害に限らず、被災地では毎度ゴミの山が問題になっている。そのゴミの山を見て思い出した。
 最近「ゴミ屋敷」が増えていると聞く。テレビで見たある老人のゴミ屋敷のすさまじさには驚くが、翻ってみれば私たちが毎日出しているゴミの量の多さに気がつく。少しの間でもゴミを片づけて処分しないと、何処の家でもたちまちゴミ屋敷になりかねない。新聞・雑誌や広告の類の多いこと。スーパーで買う品物や宅配の食料品などを、その目で見るといかに無駄な包装が多いことか。安価で便利なビニール袋、プラスチック製品の多用、何でも必要以上(二重、三重)の包装である。毎週のゴミ収集には多量のゴミの排出だ。

 海も山も名所はゴミの山である。夏が終わった後の海岸や山に捨てられたゴミを見ると、唖然とし恐ろしささえ憶える。地球全体が「ゴミ屋敷」になりつつある。

海水の汚染 
  これらは陸上の現象であるが、気づかないのが海に流れ込む工場排水・洗剤などの化学薬品である。これは可なり以前から指摘され、その対策が義務づけられてきたが、まだ無視できない量である。最近はゴミの流入である。ポイ捨てゴミ、山や海の行楽地のゴミが河川を通して海に流れ込む。そして海水に溶け込んだプラスチック・ビニールの細片が、世界の海洋を汚染し、魚の生態系ひいては生存を脅かしているそうである。これは目に見えないので気づきにくいが、近い将来に大変な事態を引き起こすであろう。人類は、地球の大気ばかりでなく、陸も海もゴミで汚染し、全地球を「ゴミ屋敷」にしているのだ。
 この状態は加速度的に進み地球は瀕死寸前のようで心配である。杞憂ではなかろう。

地球を救う政治を 
  CO2排出量の削減とともに、無駄を省きゴミの削減と化学製品、電気器機などを制限すことは、その気になれば困難ではない。便利さをこれ以上求めることは止めよう。この事態を改善するように、各国の政府が協力して呼びかければ、実行できるはずである。人類の活動と開発競争を制限する世界政治を早く成立させねばならない。今や小手先の対策では地球は救えないところまで来ているように思う。
 それなのに、日本ではオリンピックが最優先課題である。猛暑対策として夏時間導入などと言っている事態ではなかろう。金まみれ、ドーピングまみれ、無駄の多いオリンピックは、本来の精神を外れて、環境破壊に一役買っているように思える。

 世界は競って、覇権争い、貿易摩擦、開発競争に明け暮れ、それは激しくなるばかり。トランプ氏の異常言動に世界は振り回されて、あらぬ方向に目が向き、地球の危機を忘れている。世界は協力して地球環境改善に取り組むべきなのに、いがみあっている時ではない。人類はもう目を覚ますべきだ。

 
  先日朝日新聞でコラムニストのT.フリードマン氏が、トランプ氏と民主党との争点を取り上げて、こんなことを言っていた。
 “2020年版の左右対立米国政治だ。私は重要な争点が眠っていると確信している。「母なる自然」だ。気候変動と関連する今年のあらゆる異常気象がさらに悪化し、損害を増大させるとしたら? 2020年の大きな争点が、右と左ではなく、暑いか寒いか、豪雨や干ばつなら? 誰がロシア政策や北朝鮮政策で失敗したかではなく、「誰が地球を失ったか」ならどうだろう。
 話題にしているのは自然界のことなので、慎重になるべきだ。だが、今夏だけでも世界に襲いかっているあらゆる破壊的な異常気象を見ると、まるで「母なる自然」がこう言っているかのようだ。「ああ、ここ数年、私があなたたちの肩をたたいていることに気づかなかったの?・・・」”
自民党総裁選挙についての雑感
自民党総裁選挙についての雑感

自民党総裁選挙は安倍、石破両氏の一騎打ちとなったが、実質的には勝負は決まったようなものだといわれる。
この総裁選挙では、不合理なことやおかしなことが多い:

・政策論争のないうちに阿倍支持を決めた議員が多いこと(石破氏の指摘)。

石破氏が掲げた政策の一つ「正直、公正」に対して個人攻撃になると批判が出て、引っ込めたこと。正直・公正は政治家の律すべきモラルであり、その上で政策を実行すべきである。しかるに、これが「個人攻撃になる」と言うことは、対象は安倍首相であること、すなわち安倍首相が不正直・不公正であったことを、自民党をあげて公然と認めたことである。「モリカケ問題」での安倍首相の不正・虚偽を自民党あげて庇ってきた後ろめたさを誤魔化すためかと忖度したくなる。

 石破氏は「正直、公正」を引っ込めるのでなく、もっと強く打ち出すべきである。このまま安倍氏が三選されたら、「不正直、不公正」が日本中に蔓延しかねない。

・安倍氏は総裁選挙での石破氏との政策論争を避け、逃げようとしているらしい。立候補宣言を遅らせたのも、外遊スケジュールも、そのための策だとの指摘もある。
 
 安倍氏の要領のよさ、ずるさはこれに限らず、政策でもいろいろなところに出ている。
実行しない・できないことでも、最重要政策として掲げ、その成果が出ないうちに、問題が出るごとに、次々と国民に受けやすい政策を打ち出してきた。そのなかでどれだけのものが実現したか。これも「巧言令色」を操る要領のよさである。


・安倍首相は国民の生活や希望を顧みず、不必要な改憲を第一政策に掲げている。安倍、石破両氏ともいずれ劣らぬ右翼的思想の持ち主である。少しはましな候補者はいないのか。長期政権は必ず腐敗する。これ以上、自民党、安倍政権を奢らせてはならない。

・それにしても、30%の支持率の自民党の圧勝を止めるには、小選挙区制を代えねばならない。そして反自民の野党の結束である。
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.