科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
オバマ大統領の広島訪問で思うこと
オバマ大統領の広島訪問で思うこと
   
 日本中の目と心が集注したばかりでなく、世界の人々の関心が向けられたオバマ大統領の広島訪問が、ついに5月27日に実現した。原爆の爆心地を訪れて、資料館を見、自ら花束を捧げてしばし黙祷したことは、やはり歴史の一ページに刻まれることであろう。現米大統領の広島訪問と、その演説内容について、受け取り方は立場の違いによりいろいろあるだろう。日本人とアメリカ人、日本のなかでも被爆者と一般の人、韓国人や中国人などそれぞれの立場で思いは異なったはずである。しかし、ほとんどの人たちは核兵器廃絶の思いを新たにしたであろう。

 マスコミの報道はオバマ大統領に対して、当然ながら好意的であり、歓迎ムード一色であった。だが他方では「謝罪」や「誤り」の言葉がなかったことや、訪問が遅すぎたなどの感想を持った人もいたであろう。歓迎一色は「偏り」ではないかとの思いがふと脳裏を掠めた。何事も一色に塗られると、思考停止となりがちだ。

 アメリカの世論のために、現職の大統領には動きにくい要因があったであろうが、現職のうちに原爆被害地を訪れたいとのオバマ大統領の気持ちと、それを実現した勇気はやはり讃えられる。黙祷をしているときの表情は実に複雑であった。アメリカの元首でなく、一市民ならその一挙一投足にまでこれほど注目されることはない。それだけ原爆問題は、現代においても、また将来に向けても複雑であることの証しである。

 それにしても、組織の力は魔物である。国家に限らず、組織の中にいると判断や行動が制限されあるいは狂わされたり、本心がいえなくなることが多い。国家の重職にあった人が、退任後に誤りに気付いて反省したり、または本心を吐露する人が多くいる。オバマ氏も手枷足枷で本心をいえないことだろう。組織の力の恐さを痛感する。
大統領を退任した後では、核兵器廃絶について、また原爆投下は誤りであったことなど、自由率直に発言し行動できるであろう。しかし、退任後は逆に発言力は低下する。それでも、プラハの宣言と広島の演説の精神を支える人たちのために、ずっと核兵器廃絶運動の先頭に立ち続けて欲しい。
スポンサーサイト
オバマ大統領の広島訪問
オバマ大統領の広島訪問 

 「やっと」というべきか、「ついに」というべきか、原爆の被爆国日本が待ち望んだ米大統領の広島訪問が実現することになった。
広島、長崎の被爆者を初め、日本人の切なる希望が、一応は叶ったことになる。だが、アメリカの世論を考慮して、この訪問は「謝罪」ではなく,「最初の原爆使用国としての責任」を感じての訪問という。せめて「原爆投下は誤りだった」と言って欲しいという被爆者の言葉に共感する。遺された当時の生資料を見れば、考えも変わるかも知れない。

 オバマ大統領は就任直後、プラハでの演説で「核なき世界の実現」を掲げた。それに対して世界中の人々は拍手を送ったが、その後、その実現への努力は尻すぼみになった。このままでは「羊頭を掲げて狗肉を売る」と言われる。こうなったことはオバマ氏の本意ではないだろう、核廃絶の意思は持ち続けていたと思う。今度の広島訪問が、再び「核兵器削減」から「核廃絶」への機運を高め、その運動の先頭に立って活動されることを切望する。
65回目の原爆記念日に思う
65回目の原爆記念日に思う

8月6日、またあの忌まわしい熱い夏がきた。今年で65回目である。広島・長崎の原爆で人類は心身ともに深い火傷を負い、地球は傷ついた。その火傷と傷痕は永遠に残るであろう。

 オバマ大統領のプラハ演説によって、核廃絶運動は力を増しつつある。今年の広島の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」に国連事務局長や、米英仏の大使が初めて出席した。そして、これまでにない最大規模の記念式典となった。

オバマ講演には、純粋に核廃絶と平和を希求するものとは言えず、政治的・経済的打算が背後にあるという評価もある。多分そうであろうが、原爆投下に対する肯定的評価が根強いアメリカ国内の状況のなかで、最初に「核兵器を使用した国の道義的責任」を認めた勇気は賞賛すべきだろう。これで核廃絶運動は世界的に盛り上がりつつある。この流れをさらに推し進めねばならない。

 昨年オバマ大統領の来日を期に、私は宮本直毅(関西棋院棋士)と「原爆下の本因坊戦」(当時唯一の囲碁タイトル戦)について、次のような内容の手紙を書いた。“原爆と囲碁の奇しき因縁。爆心地から10kmほど郊外の対局場は爆風で飛ばされたが、幸いに対局者と関係者は命拾いをした。被爆者と市内の悲惨な状況を見て、対局者の岩本薫と橋本宇太郎は人生観が変わり、一生を平和のために捧げるようになった。文化としての囲碁は人の和を作り平和の使節となるとの信念で、囲碁の普及を通して核廃絶と平和の大切さを訴え続けた。日本の囲碁愛好家はその精神を受け継いでいる。”
 
 この手紙のことが、雑誌「囲碁梁山泊」と毎日新聞にでたので、いろいろな反響があり、声援を頂いた。これらの記事と手紙のコピーは広島の原爆記念館の資料室に展示して貰えることになった。
 オバマ大統領は是非とも早期に広島・長崎を訪問し、原爆の惨事をしっかりと目にとどめて欲しい。

 明日7日は私の80回目の誕生日である。私の誕生日は広島と長崎の原爆記念日に挟まれているので、何時も誕生祝いと同時に原爆忌を重ねて平和の有り難さを噛みしめてきた。
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.