FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
『物理学とは何かを理解するために』に対する読者の感想
新刊『物理学とは何かを理解するために
  -基礎概念の発展を追って-』
 
        菅野礼司・南原律子著(吉岡書店2012.3)

 先に表記の拙著の出版の予告をこのブログに書いた(3月)。

 本書の目指すもの
 自然科学の理論は自然に関する概念や法則の単なる寄せ集めではない。基礎概念と原理・法則の上に築かれた理論体系である。それゆえ、個別知識や法則を憶えて問題を解く技術を習得するだけでは本当の物理を学んだことにならない。物理学理論の体系をしっかりと理解し、科学的自然観を持つことが大切である。日本の科学教育はこの点を疎かにしている。最近は物理学も暗記科目だと誤解している学生・生徒が多いそうである。
 
 物理学の基礎概念は宇宙を構成する大本、物質と空間(真空)の概念である。自然科学の進歩とともに、それらの物理的内容も変化・発展してきた。物質・空間(真空)概念の変遷は物理学の進歩発展の指標といえるほどのものである。それゆえ、歴史的変遷を通してそれら基礎概念の持つ意義をしっかりと理解することは、物理学の真髄を正しく学ぶことに通ずる。物理学を教える先生も、学ぶ学生・生徒も是非このことを意識して読んで欲しい。

  その本が3月にでた。これまでに寄せられた読者の感想はよかった。
 
内容についての読者の感想:
 基礎概念として物質と真空(空間)をとり、それを軸にして物理学の理論とその発展を捉えたことは、新鮮かつユニークであること、これにより物理学全体に対する深い洞察力を養うことができること、そして物理学とは何かを改めて理解できたし、かつ考えさせられた、などなど。

 本書の目的はかなり理解して貰えたようである。
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.