FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
科学と技術は区別して論ずべきだ
  科学と技術は区別して論ずべきだ 
 (この記事は「月刊エネルギーレビュー」誌の5月号に「随筆」として掲載されたものである。)

 現代は科学・技術の恩恵は計り知れない。だが科学・技術が他の分野に比し突出して進歩したためにその弊害もでている。原水爆、環境汚染、原発事故などがその典型である。そのために科学・技術に非難の矛先が向けられることが多い。その際、科学と技術を混同し一纏めにして、「科学」のせいにする。科学と技術はその目的も社会的役割も別であるにもかかわらず、「科学=技術」と誤解した議論が多すぎる。この混同から日本では一語で「科学技術」とされる。欧米では通常“science and technology”と区別されている。

 自然科学の本来の目的は自然の仕組み・法則を解明し認識を深めることであるが、自然科学には二つの社会的役割がある。自然の仕組みを知ることにより知的欲求を満たすこと、およびその知識を技術として活用することである。前者は自然観や哲学の形成など精神文明にも寄与するから、真善美の一翼として科学は精神文化の一部である。後者の技術への応用は物質文明への寄与である。ここで留意すべきは、科学の理論は客観的自然法則の発見であり、それ自体には技術としてどのように活用するかは含まれないことである。すなわち科学は技術を通して善用・悪用いずれにも利用されうる両刃の剣であるが、科学自体はどちらに利用され易いかは示さない。技術的利用価値に関しては中立である。善用か悪用かは技術として活用する人間(社会制度)の問題である。

 現代では科学と技術は密接になり、基礎科学から技術利用までの時間・空間的距離は極めて接近しているために、両者を「科学」として論じられる傾向が強い。この区別をしない議論は本質を踏み外して反科学論に至り、人類の未来を見誤ることになりかねない。

附記:科学の価値中立性についてさらに詳しい考察は、拙稿「科学の価値中立性」(『日本の科学者』Vol.50.  No.7.2015年7月; 「科学の「価値中立性」と技術との関係」『唯物論と現代』(第54号、2015年11月を参照されたい。
ご希望の方には、メールでご連絡下さい、原稿を送ります。私のメールアドレス: rsugano@feel.ocn.ne.jp)
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.