科学・技術と自然環境について、教育を考える。
オバマ大統領の広島訪問で思うこと
オバマ大統領の広島訪問で思うこと
   
 日本中の目と心が集注したばかりでなく、世界の人々の関心が向けられたオバマ大統領の広島訪問が、ついに5月27日に実現した。原爆の爆心地を訪れて、資料館を見、自ら花束を捧げてしばし黙祷したことは、やはり歴史の一ページに刻まれることであろう。現米大統領の広島訪問と、その演説内容について、受け取り方は立場の違いによりいろいろあるだろう。日本人とアメリカ人、日本のなかでも被爆者と一般の人、韓国人や中国人などそれぞれの立場で思いは異なったはずである。しかし、ほとんどの人たちは核兵器廃絶の思いを新たにしたであろう。

 マスコミの報道はオバマ大統領に対して、当然ながら好意的であり、歓迎ムード一色であった。だが他方では「謝罪」や「誤り」の言葉がなかったことや、訪問が遅すぎたなどの感想を持った人もいたであろう。歓迎一色は「偏り」ではないかとの思いがふと脳裏を掠めた。何事も一色に塗られると、思考停止となりがちだ。

 アメリカの世論のために、現職の大統領には動きにくい要因があったであろうが、現職のうちに原爆被害地を訪れたいとのオバマ大統領の気持ちと、それを実現した勇気はやはり讃えられる。黙祷をしているときの表情は実に複雑であった。アメリカの元首でなく、一市民ならその一挙一投足にまでこれほど注目されることはない。それだけ原爆問題は、現代においても、また将来に向けても複雑であることの証しである。

 それにしても、組織の力は魔物である。国家に限らず、組織の中にいると判断や行動が制限されあるいは狂わされたり、本心がいえなくなることが多い。国家の重職にあった人が、退任後に誤りに気付いて反省したり、または本心を吐露する人が多くいる。オバマ氏も手枷足枷で本心をいえないことだろう。組織の力の恐さを痛感する。
大統領を退任した後では、核兵器廃絶について、また原爆投下は誤りであったことなど、自由率直に発言し行動できるであろう。しかし、退任後は逆に発言力は低下する。それでも、プラハの宣言と広島の演説の精神を支える人たちのために、ずっと核兵器廃絶運動の先頭に立ち続けて欲しい。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.