科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
「2020年の教育改革」目標について
「2020年の教育改革」目標について 

 小・中・高校の学校教育が2020年度から大きく変わることになった。それにつれて大学入試も変わるそうだ。「知識を使って考える」方向に舵を切り、言語や情報を活用して、表現力を養うようにすると。この教育目標が本当に実現されるならば結構なことで、日本の教育は格段に改善されるだろう。戦後、何度も教育目的と教育方針が改訂されてきた。近年では「総合教育」、「ゆとり教育」、「基礎学力をつける」など提唱されてきた。だが、実現のための裏付けがなく、現場を無視した机上のプランであったから、みな計画倒れでその目的は達成されたとはいえなかった。今度こそは、その実現のための方法論と制度、そして予算の裏付けをもって実現するようにして欲しい。

 戦後日本の教育は高い効率を追う社会の求めに応じて、効率主義に陥り知識詰め込み型の教育を続けてきたために、日本人には物事をじっくり考える習慣が失われてしまった。物事の現象的理解・表面的な知識を覚えさせるが、その意義や本質を教えなかった。それゆえ、憲法にしても書かれている条文と事項は覚えるが、それが制定された意義や本来の精神は知らない。歴史にしても、歴史的事変や人物の名前と年代を暗記するが、その歴史的意義は無視され、そこから学ぶことをしない。近年では、数学や物理学まで暗記科目になっているそうだ。与えられた問題を解くための技術本意の教育に、大学の入試問題と受験制度がそれを煽った。そして興味本位の歪んだ情報化社会がそれに拍車を駆けてきた
 この教育姿勢と教育制度が、物事の現象ばかり追いかける人を作った。つまり、「いかに」ばかり追いかけて「なぜ」を追求しない人間ばかりになった。 大多数の人は物事の意味や相互連関を考えず、「なぜか」を問いそして考える習慣を失ってしまった。今度の改革案、「知識を覚える」から、「知識を使って考える」への転換は素晴らしい方針である。遅まきながら「やっとそうなったか」といいたい。

教科縦割り教育の弊害
  そもそも学校教育は、独学では知識が偏り易くなるのを避けるために、教科のバランスをとり、さらに各教科で学習した知識を相互に関連づけて体系立て、総合的判断力を養うよう指導することに意義があると思う。しかし、残念ながら、戦後日本の学校教育は、教科を縦割りに分断し、しかもばらばらな個別知識を詰め込む教育であったために、せっかく獲得した知識を統合し積極的に活用する場を授業の中でも、生活の中でもつくらない。私はそれを「教科縦割り個別知識詰込み教育」と呼んで、その是正を主張してきた。  

 これまでの「教科縦割り的個別知識詰込み教育」の授業や、受験対策用の勉強に対する反省として、文部科学省は、総合教育の必要性に気づいてか、かつて「総合学習」という教科科目が設定され、それをどのように行うべきかその方法と内容が種々議論されたことがある。「ゆとり」のある「総合学習」によって、「生きる力」を育成するというわけである。しかし、その「総合学習」のやり方は現場の教師の自主性と独創性に任せるといって、文科省は特別の指針も示さず放任主義の姿勢をとった。現場の教師は困り、苦肉の策として種々の社会見学が採用された。これは本来の総合学習とはいえない。そもそも、極端な縦割り教育の中での総合学習は、木に竹を継ぐように矛盾したものである。これまで指導要領と教科書に縛られ、学生の頃から教科縦割り詰め込み教育で養成された教員に、研修もせずいきなり「総合学習」を教えよといっても無理である。したがって、その教育目的は「絵に描いた餅」になってやがて消えた。
 また読解力と表現力を養うといって、読書時間を特に設けたことがある。読解力と表現力のためには読書も有効であるが、縦割り教育でなければ国語・作文以外にも訓練の場はいろいろある。理科のレポートや試験答案を通しても養成できる。たとえば、物理や数学の問題の解答に、単に数式だけでなく、きちんと論理的筋道を書くように教育すれば、理解力と表現力の練習にもなる。数式だけ書いて、答えが合っていれば満点という教師が多いようだ。大学の入試の、採点をしているとその悪弊が見て取れた。普段のレポートや試験でも、表現力の練習を教育すべきである。それが総合学習というものであろう。それは今度の改訂にも通ずることである。 
 
 覚えた個々の知識を実際に日常生活のいろいろな課題に応用し活用することで、ばらばらな知識も相互に関連づけられ、その中で総合的判断力は確かに養われるであろう。だが、本来の総合学習は、日頃の授業の中で教科ごとに学ぶことを互いに関連付けながら学習を進めるというものではないだろうか。たとえば、理科と数学を切り離してしまうので、数学で習った式の意味やその演算法を物理や化学で活用するような発想が育たない。縦割り教育の悪例として、数学で習う微分は、yをxで微分するが、力学では距離xを時間tで微分して速度を定義する。このように文字記号が違うと、別の演算だと思って戸惑い、満足にできない生徒がいたという、笑うに笑えない話を聞いたことがある。また、化学に出てくる原子と物理の原子とが同じものであることを知らなかったという大学生の例もある。

 数学と科学、特に物理学とは切っても切れない関係にあるのに、それを切り離してしまって、微分を物理で使ってはならないから、このような現象が起こるのである。数学は一つの論理的言語体系である。この種の話しは、数学と物理のことに限らず、すべての教科に共通した問題である。また、理科の科目「物、化、生、地」もばらばらにされ、その上に科目選択制であるから櫛の歯が欠けたような知識しか学べない。だから理科も暗記科目になってしまうのだ。自然科学の全ての分野は互いに深く関連していて、一つの理論的体系をなしており、物理がその扇の要になっていることくらいは教えるべきである。

 現行の「教科縦割りの断片的知識詰め込み教育」では、本当の基礎・基本となる活きた知識は身に付かないから、学んだ知識を関連づけて活用することはできない。まずこの「教科縦割りの断片的知識詰め込み教育」の悪弊を改め、そして教育内容について教師の意識改革をしなければ、今度の改訂目標も掛け声に終わってしまうと思う。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.