FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
自民党総裁選挙についての雑感
自民党総裁選挙についての雑感

自民党総裁選挙は安倍、石破両氏の一騎打ちとなったが、実質的には勝負は決まったようなものだといわれる。
この総裁選挙では、不合理なことやおかしなことが多い:

・政策論争のないうちに阿倍支持を決めた議員が多いこと(石破氏の指摘)。

石破氏が掲げた政策の一つ「正直、公正」に対して個人攻撃になると批判が出て、引っ込めたこと。正直・公正は政治家の律すべきモラルであり、その上で政策を実行すべきである。しかるに、これが「個人攻撃になる」と言うことは、対象は安倍首相であること、すなわち安倍首相が不正直・不公正であったことを、自民党をあげて公然と認めたことである。「モリカケ問題」での安倍首相の不正・虚偽を自民党あげて庇ってきた後ろめたさを誤魔化すためかと忖度したくなる。

 石破氏は「正直、公正」を引っ込めるのでなく、もっと強く打ち出すべきである。このまま安倍氏が三選されたら、「不正直、不公正」が日本中に蔓延しかねない。

・安倍氏は総裁選挙での石破氏との政策論争を避け、逃げようとしているらしい。立候補宣言を遅らせたのも、外遊スケジュールも、そのための策だとの指摘もある。
 
 安倍氏の要領のよさ、ずるさはこれに限らず、政策でもいろいろなところに出ている。
実行しない・できないことでも、最重要政策として掲げ、その成果が出ないうちに、問題が出るごとに、次々と国民に受けやすい政策を打ち出してきた。そのなかでどれだけのものが実現したか。これも「巧言令色」を操る要領のよさである。


・安倍首相は国民の生活や希望を顧みず、不必要な改憲を第一政策に掲げている。安倍、石破両氏ともいずれ劣らぬ右翼的思想の持ち主である。少しはましな候補者はいないのか。長期政権は必ず腐敗する。これ以上、自民党、安倍政権を奢らせてはならない。

・それにしても、30%の支持率の自民党の圧勝を止めるには、小選挙区制を代えねばならない。そして反自民の野党の結束である。
スポンサーサイト



Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.