FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
聴取する気になれない国会のテレビ中継
聴取する気になれない国会のテレビ中継

 国会審議は重要であるから、関心は大いにあるが聴取する気になれない。特に安倍政権になってからは、見ないようにしている。その理由は、政府答弁の不誠実さ、誤魔化し、はぐらかしのために与野党の議論がすれ違い、聞いているといらいらするからである。国民は全く馬鹿にされているようで、見るに堪えない。これは精神衛生上非常に良くない。議論のエッセンスを、後の解説か新聞報道により得ることにしている。

 野党の質問に対し、大臣・官僚の答弁にはまともな説明がほとんどなく、問題をはぐらかして平然としている。国民の疑問に誠実に答えて欲しい。安保法制、モリカケ問題、自衛隊日記問題以降、その傾向は特に激しくなっている。安倍首相を始め、麻生大臣、菅官房長官の不誠実で国民を愚弄するような答弁などは耳を覆いたくなる。今問題になっている片山大臣の不祥事にしても詭弁的言い訳で逃げようとしている。安倍首相の「誠実に」「真摯に」「しっかりと」対応するという虚言は聞き飽きた。よくも平然と繰り返しいえると呆れるばかりである。

 とにかく、国会はまともに機能しなくなってから久しい。こんなことで貴重な時間と税金を無駄遣いしていると思うと、やり場のない憤りを覚える。

 マスコミはこの国会の虚しい状態、政府の不誠実さを大々的に強く批判して、与野党の議論が噛み合った実りある審議にするよう、世論を盛り上げる報道をして欲しい。
今の国会の状態では国民は政治に背を向け、議会制民主主義は崩壊するだろう。
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.