FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
平成から令和への転換に思うこと
平成から令和への転換に思うこと

 平成天皇の生前退位とその時期が決まってから元号の発表まで、マスコミの報道はしつこくなぜここまで騒ぐのかと、食傷気味であった。そして4月30日の退位、5月1日の即位の前後は、報道の熱気は異常に感じられた。政府はこの生前退位の熱を政治的に利用しようとの意図が見え見えであった。マスコミの宣伝はその雰囲気を盛り上げ、安倍政権にうまく利用されたように思える。

 先ず疑問に思うことは、元号の決定とその発表を、なぜ秘密にしなければならないのかということである。また、その公表方法はなんともったいぶったことか。これで菅官房長官の人気が出たそうだ。人気取りのための自己顕示欲の強い安倍首相は最大限に、この皇位継承を利用した。

 平成天皇は昭和天皇が果たさなかった戦争の償いを、国民と世界に向けて誠心誠意をもって償おうとする強い気持ちが深く感じられた。「国民により添う」と言う言葉は、戦争被害者や災害被害者の見舞いの様子によく現れていた。嘘偽りのないその言動は人々の心を打った。天皇を中心とする皇室の人気は今や最高潮に達した感がある。これは結構なことであるが、この人気を利用して昔の天皇制を復活させようとする危険な動きに留意すべきである。
 
 「令和」の新時代には、世の中が良くなるだろうとの期待を込めた声が報じられているが、先行きの見透しはよくない。世の中を良くするには、先ず、政府が率先して、嘘偽りのない政治や関心を引く口先だけの約束を改めることである。安倍首相の「誠意を持って」とか「真摯に」という言葉は聞き飽きた。嘘偽りのない開かれた世の中を築くために、「誠心誠意」をもって令和の時代を開いて欲しい。
スポンサーサイト
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.