FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
地球環境を救うための科学・技術の限界―生活スタイルの改変を!
地球環境を救うための科学・技術の限界―生活スタイルの改変を!

(前回、「科学・技術革新で地球環境は救えるか」において科学・技術のみでは地球環境は救えないことを述べた。今回、その続きとして、人間の性格と社会制度の観点から、それを敷衍する。)

・地球環境の破壊、汚染は急速に進み、取り返しのできない状態に近づいている。CO2による温暖化やゴミ(プラスティックだけではない)の氾濫など地球環境は危機的状態にある。その危機を救うために、科学・技術の活用が提唱され、勧められている。そのための科学・技術はある程度有効であるが、しかし限界がある。そればかりでなく、科学・技術はむしろ環境破壊の手先となっていることを認識すべきである。地球環境を保全するには、人間の生活スタイルの改革、そのための思想改革が必要である。

・人間は生活を豊かにし、自然の脅威から身を守るために、創意工夫をして技術を開発してきた。昔は「必要は発明の母」と言われた。必要に応じて需要が高まり、それに応えて発明し、技術を開発してきた。このことは自然の流れで当然である。
だが現代では、必要と発明の順序が逆転し、利用可能な科学・技術を駆使して発明することで、需要を創り出している。
その最たるものが1960年代に「消費は美徳なり」といって、当然であるかのごとく使い捨てが流行したことである。その原因は、資本主義の市場原理優先により、利潤追求、金儲けのための経済法則のためである。大企業・大商店は鳴り物入りで浪費を煽った。それを支えた土壌は、便利さと効率を求めて止まることのない人間の性格(欲望)である。さすがにこの行き過ぎた浪費生活は、反省され改められたが、「必要と発明の順序の逆転」傾向は続いている。 

人間は環境に慣れ、その時代の生活スタイルが当たり前と思うようになる。それゆえ、技術開発により生活レベルが向上すると、その環境に慣れた人間は次の便利さを望む。つまり、人間の欲望は、常に技術進歩を超えて無限に進む。その欲望のレベルが高すぎなければまだよいが、現代のように高いレベルになり、その上人口が増大すると地球の収容容量(キャパシティ)を超えて、地球環境の破壊に至る。同一種で人類のような巨大数に膨張した種は他にはない。世界人口はすでに地球の収容容量を超えている。この人口の巨大化をもたらし、それを支えているのも技術の力である。   
 地球の容量は有限であるから、経済成長にも限界がある。永久に成長を続けることは不可能である。環境破壊を防ぎ、省エネを目的とする技術開発も、新たな製品を次々に生みだし、その大量生産により却って環境の悪化を招いている(前回の「科学・技術革新で地球環境は救えるか」参照)。
 今の社会制度(資本主義的市場原理)の下では、人間の欲望増大と自然環境保全の観点からすると、技術革新は自己矛盾の関係にあるといえるだろう。

温室効果ガス排出を抑えて大気汚染と地球の温暖化を止めるために、自然エネルギー発電(注)(水力、風力、地熱など)の利用を促進すべきであるが、それにも限界がある。自然エネルギーの技術開発と普及は、温暖化の防止に是非とも必要であるが、同時にエネルギーの使用量を抑える努力も不可欠である。いくら.自然エネルギー利用を増しても、エネルギー消費がそれを上回れば、この技術にも限界があるだろう。ここにも技術開発と人間の欲望とのイタチごっこが見られる。

精神改革で「知足」を!地球環境を保全し、地球で生き続けるためには、人間は発想を転換し、生き方を変えることは、今や不可避である。地球の有限性を認識し、止まるところのない欲望を抑えて、「足を知る 知足」の精神を持たねばならない。「消費社会」から脱出して生活スタイルを変え、無駄を省き、使い捨てを止めることだ。そのためには、資本主義的市場原理、経済優先の社会に代わる、社会制度を模索することが必要であろう。

(注)「再生可能エネルギー」という表現は科学的に不合理の言葉である。一旦利用したエネルギーを元に戻し、再利用できるよう再生するには、利用可能なエネルギーよりも多くのエネルギーを必要とする。それゆえ、「再生」ではない。このことは「エントロピー増大則」という物理法則の示すところである。
水力、風力、地熱エネルギーなどは、「持続的利用可能な自然エネルギー」というべきである。だがこれでは長すぎるので、単に「自然エネルギー」と呼ぶことにする。長すぎるので「自然エネルギー」とすべきである。


Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.