FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
コロナウイルス対策にはPCR検査拡充を
コロナウイルス対策にはPCR検査拡充を

 緊急事態宣言はまた延長された。

  新型コロナウイルスの感染数は、国民みんなの涙ぐましい自粛の努力で下火になってきたが、まだ油断はできないから、緊急事態宣言の延期はやむを得ないだろう。しかし、政府のコロナウイルス対策には、基本的なところに大きな疑問がある。

 それは、PCR検査を広く、十分に行わないことにある。この検査が対策の基本である。PCR検査能力を、1日に20,000人にまで可能にしたと、阿部首相は4月に宣言したが、実情はそれよりもはるかに少なく8,000人/日程度と言われている。なぜか? 医療現場のある専門家は、テレビ会見で、政府がやろうとしないからだ、と明言していた。検査官を増やすことをせず、検査拡充の予算も付けない、と憤りを見せていた(それはやればできるのにやろうとしないと)。

日本政府はクラスター感染対策に重点を置く方針を立て、PCR検査を増やすことに乗り気ではないらしい。多くの専門家や与野党の議員も、口をそろえて検査の拡充を要求しているが、政府の腰は依然として重い。その罪も重い。
 日本でPCR検査を完全にやれば、実際の感染者数は、毎日公表されている数の10倍になるだろうと推定されている(ほとんどの専門家の意見)。感染経路のわからない感染者が半数以上続いていることからも、この推定は間違っていないだろう。少し知識のある者なら、隠れた感染者がわからなければ、まともな感染抑制策もクラスター対策もできないことは分かる。別の疾患で入院する患者にコロナ感染者が可成いることがわかり、院内クラスター感染が続出している。病院のスタッフは戦々恐々として対応し、医療崩壊の危機にあると叫んでいる。
  また、緊急事態を何時終わらせるのか、その出口戦略についても、政府は具体的な方針を述べない。PCR検査を十分せず、不完全なデータ(隠れた感染者10倍の実情)では出口戦略も立てようがない。大阪の知事は政府が方針を出さないなら、独自に作るしかないと、検査の拡充と出口方針の検討を始めたようである。

 それでも、政府はPCR検査を徹底し拡充しようとしないのは、検査を広げて実情が定量的に明らかにでると、これまでの政府の方針が間違っていたことや、後手後手になっていたことなど失政が浮き出されるからではないかと疑いたくもなる。安倍政権はこれまで、都合の悪いことは、嘘と隠ぺい、果ては資料改竄までして逃げてきた。安倍首相は保身のためなら何でもするという不信を国民に与えてきたから、このように勘繰りたくもなる。

  「アベノマスク」や財政的救済など、また医療従事者をねぎらう言葉など、目立つことはしたがるが、PCR検査拡充や医療現場対策など、重要だが地味なことには熱心でない。残念なことである。
スポンサーサイト



Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.