科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
ブログを始めました
これまで科学・技術とは何か、また、それが社会的にどのような役割を果たしてきたかについて、考えたことを発表してきました。しかし、もっと多くの人達にもアッピールし、意見交換をしたいと思い、ブログを始めることにしました。
 現代社会は科学・技術によって生み出されたものが溢れています。科学・技術は、四六時中私たちの生活の隅々にまで浸透しているばかりでなく、政治・経済まで動かす力を持つようになりました。
 昔は社会人としての最低の素養として「読み、書き、計算」が求められましたが、現代と今後の社会では、それに「科学の基礎知識」を加えねばならないでしょう。だから、科学教育が重要になります。理科嫌いの人は多いですし、若者の理科離れが問題になっています。しかし、理科嫌いではすまされなくなるでしょう。文系の人にも、科学・技術の社会的役割を理解できるような基礎知識が必要です。特に、指導的地位につく人たちには、それが強く求められています。
 これらの問題を、このブログに書き綴って行くつもりです。
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.