科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
日本の原子力政策に未来はあるか
日本の原子力政策に未来はあるか 

原発再稼働反対の大きな叫びを横目に、大飯原発の3,4号機が起動した。やっと国会で成立した規制委員会の始動もまだなく、その委員会の下での安全審査新基準も作られないまま、政府は再稼働に踏み切った。起動し運転をしながら、後から新基準に基づいて安全性を審査するという。その言を信ずることができるだろうか。 

大飯と志賀原発の地下の断層が活断層の可能性があることが、いまになって問題になっている。特に志賀原発(石川県)の場合は、かなり活断層の可能性が高いという。過去の審査が以下に杜撰であったか、専門家が驚いているほどである。これは原子力ムラの中で関電と安全性委員会との馴れ合いによる結果であろう。
 もし、大飯原発が新基準をパスしないとき、本当に原発を止める気があるのだろうか?日本の行政は昔から「まづ既成事実を作ってしまえば勝ちだ」「今さら後戻りできない状態にすればよい」というやり方で物事を進め、反対意見を封じ込めてきた。大飯原発の再稼働を強引に推進したのもこの手である。大飯原発の起動に成功した原子力関連グループは勢いづき、次は四国の伊方原発の再稼働だと、水面下で動き出しているらしい。

 日本の原発政策は、発足当時の原子力委員長正力松太郎氏(読売社主)が公言した「研究などしなくても外国から炉を導入すればいい」、とにかく短期に発電まで持っていくとの発想に基づいているといえる。原発建設し稼働させた後のこと、使用済み核燃料の処理、老朽炉の廃炉法、事故対策などの見通しもなく、またそれらの対策も十分せぬままに、輸入原子炉で発電を始めた。とにかく原発を動かして、対策は後から考えればよいというわけである。この方針こそ初代の原子力委員の一人であった湯川秀樹博士を嘆かせ、「やってられないよ」といって一年で委員を辞任させたものである。(「原発の再稼働をめぐって各界に訴える」京都大学旧湯川研究室同窓会有志:参照) 

その体質を受け継いだ政府と原子力関連企業は、その場凌ぎで原発政策を強力に推進してきた。そして原子力ムラを囲って、批判勢力を排除し批判意見を封じ込め無視してきた。その付けが3・11の福島原発事故であると思う。今度の大飯原発再稼働を巡るプロセスもまさにその引き写しである。それゆえ、国会調査委員会の報告を待つまでもなく、この事故は人災であることはすでに指摘されてきた。この意味ではこの人災は「日本の文化」(原則を無視した馴れ合い)のせいだ(黒川委員長)というのも当たっているであろう。だが、問題はそのような指摘に止まるのでなく、このような体質の文化(風土)をいかに改めて今後に活かすかである。それにはこれまでの原発政策を洗いざらい検討し、その結果を公開することであるが、この報告書は調査も不十分であり、そのことに立ち入ってない。これでは言い放しで終わってしまう。

 一国の文化・風土は簡単に改められるものではないが、少なくとも合理的思考が求められる科学・技術政策の面では改めなければならない。そうしなければ、グローバル化された科学・技術時代には国際的に通用しない。それには良心的科学者・技術者がもっと発言し、政策を提言しなければならない。また、政府も専門科学者の意見を重視する姿勢に転換すべきである。いま科学者の社会的責任は非常に重い。

 私は何度も繰り返してきたことだが、脱原発か否かの結論を出す前に、時間はかかるが過去の歪んだ原子力政策を最初から徹底的に洗い直し、なぜこの原発事故が起こったかその原因を明らかにすることが先決であると思う。強力な権限を与えられた国会の調査委員会がその役目をして欲しいと思っていたが、期待はずれであった。事故原因の調査も福島原発の現状調査も不十分なままに、なし崩し的に大飯原発は起動された。

 3・11事故の後、隠されていた情報が次々に明るみにでたが、それはまだほんの一部であろう。大飯、志賀原発地下の活断層の調査の杜撰さが、いまになって明るみに出て問題になる状況である(当時の調査結果に専門家の批判がでたが黙殺された)。政府にしても、東電をはじめ電力企業もできるだけ情報を隠し、問いつめられると仕方なしに公表することを繰り返してきた。仕方なく情報を小出しにするので、国民の不信感は募るばかりで、ついに頂点に達している。原子力の「民主、自主、公開」三原則は空文と化している。情報公開が徹底すれば、びっくり仰天することが山ほどでてくるであろう。先日も、「新エネルギー政策決定の意見聴取会」でも電力会社の社員が原発依存率を多くする意見を述べた。昨年問題になった公聴会での「やらせ」事件と同じである。原子力ムラの体制と体質はそのまま残っているようだ。

 時間が掛かっても仕方がない、原点に立ち戻って過去の原発政策と組織を根本的に再検討し、国民の信頼を取り戻さなければ、原子力利用で日本の未来はない。
 残念ながら今の日本の政治・文化の風土でそれを期待することは現状では無理のようである。これでは脱原発と言わざるをえない。 
スポンサーサイト
この記事へのコメント
原子力に未来はない
原発事故以後に限っても、日本は原発を安全に運用できないと感じています。事故原因究明がまず第一の出発点であるのに、4つの事故調いずれをとっても原因究明に失敗したといわざるを得ないと思います。
原子力村に限らず、おっしゃっている少なくとも合理的思考が求められる科学・技術政策の面でも、原因究明についても、科学のレベルは大丈夫なのかという疑問を感じています。
良心的科学者・技術者がもっと発言し、政策を提言しなければならない。というご意見に大賛成です。
natureflow[URL] 2012/07/25(水) 14:05 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.