科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
華やかな表舞台と裏方
華やかな表舞台と裏方
 
歌謡曲が好きなので、テレビやラジオのナツメロ番組をよく視聴する。昔好きでよく唱った歌のメロディーと歌詞を聴くと大変懐かしく嬉しくなる。

 歌い手の個性溢れる歌唱力を楽しむばかりでなく、司会者とのやりとり、また舞台に立って歌う前後の身振りや態度なども興味をもって見ている。歌ばかりでなく、それらのことがみな綜合されて、人間的に魅力のある歌手のファンになる。

 だが、テレビで歌謡曲を楽しみながらも、いつも心に引っ掛かることがある。それは、表舞台での歌い手の華やかさと対照的に、歌の作詞者と作曲者が軽視されていることである。テレビ画面には、歌の題名と歌い手の名前は大きくしかも永く(唱っている間終始)映し出されているが、作詞・作曲者の名前は小さく数秒間で消えてしまう。意識的に注意しないと気づかないくらいだ。 

自作自演の歌なら別だが、歌い手がその歌で人気を博すことができるのは、その歌の作者がいるからである。ヒットした歌の人気は、その歌い手の魅力に大いに依ることは確かである。また、歌い手にぴったり合った歌があり、その歌い手の持ち歌があることも否定しない。それにしても、歌詞には詩としても素晴らしいものもあり、メロディーにはつい口をついて出てくるような楽しいものもある。作詞家の詩的センスに魅せられ、また作曲者の音楽的才能を羨ましく思うほどのものもある。だから、別の歌い手のカバーした歌にも別の魅力を持った素晴らしいものがある。そのことは、歌の魅力は歌い手だけで決まるのではなく、その作詞・作曲の質にもよることを示している。だから、作詞・作曲者をもっと表にだすべきだと常々思ってきた。だが現状では、好きな歌でも作詞・作曲者を知らないものがあるし、大部後になってその名を知ることもしばしばである。

 表舞台に立つ歌い手の顔や姿・身振りは歌っている間中見えて注目されるから、名前を字幕で出すまでもなかろう。それよりも、その間は作詞・作曲者の名を残しておくべきだと思う。

 デビュー何10周年記念とか、亡くなられたときとか特別の場合には、作詞者や作曲者を中心に番組が組まれることはある。そのときには本人も出演したり、写真が飾られたりして、「先生」と持ち上げられるが、普段はほとんど無視に近い扱いである。

 また、終始裏方として曲を演奏しているオーケストラとその指揮者に対しても、一言感謝の意を表すべきだと思う。歌い終わって歌い手が引き下がるとき、観客ばかりでなくそちらにもちょっと会釈くらいしたらどうか。オーケストラの演奏があるからこそ舞台の雰囲気もでる、お互い持ちつ持たれつの仲だろう。極めて稀だが、指揮者とオーケストラを紹介する司会者もいる、だがそれは得てして特別の事情のあるときだ。毎回オーケストラと指揮者を一言紹介するくらいの心使いが司会者には欲しい。

 歌謡曲に限らないが、この種の舞台は歌い手ばかりでなく、これらすべての人達の協力で成り立ち、盛り上がっているはずだ。それなのに、裏で支えているその人達への感謝の様子が見られず、表の華やかさを引き立たせることにばかり神経を使っているように思えてならない。

 放送局により差があるが、歌い手以外の者は軽視されているとしか思えない演出は、演出家や司会者の配慮が足りないからであろうこの風習は「表と裏」の格差を拡げるばかりである。表に立つ者はますます注目され人気を博するようになるが、裏方はいつまでも縁の下の力持ちで終わることになる。芸能舞台ばかりではない、何事もバックアップがあってこそ成功するのに、この傾向は世の中のすべての面で格差を拡げ、それをなんとも思わない風潮を生みだしていくように思える。 

 こんなことを思うのは私だけだろうか。余分なお節介といわれるかも知れないが、近年の社会の動きを見ると、バランスを欠いた不公平な世の中に文句も言いたくなる。最後の立派な成果のみに囚われるのでなく、それが世に出るまでの過程も尊重する社会でありたい。
 折角の歌謡番組だから、気持ちよく楽しく聞きたいものだ。司会者や歌い手の一寸した心遣いで雰囲気は変わるだろう。

金子みすずの詩
星とたんぽぽ
 青いお空の底ふかく、海の小石のそのように、夜がくるまで沈んでる、
 畫のお星は目にみえぬ。
 見えぬけれどもあるんだよ、見えぬものでもあるんだよ。
(二番たんぽぽは省略)


私と小鳥と鈴と   
 私が両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、
 飛べる小鳥は私のように、 地面(じべた)を速くは走れない。
 私がからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、
 あの鳴る鈴は私のように、 たくさんな唄は知らないよ。
 
 鈴と、小鳥と、それから私,  みんなちがって、みんないい。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.