科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
東電には原子力発電の管理能力なし
東電には原子力発電の管理能力なし 

 福島第一原発の事故の調査、および事故処理について、次々に情報隠しと対処ミスがでてきた。

 つい最近は、汚染水のプールから水漏れ事故が明らかになり、地下プールの汚染水を地上タンクに移し替えるという。この漏水事故はもっと早く起こっていたが、気づくのが遅かったと思われる。以前は、プールの漏水に限らず、原子炉のひび割れからの漏水も大部遅れて発見され、かなりの放射能が冷却水とともに海水中に流されていた。これまで使用済み核燃料棒の保管事故、ネズミによる停電事故なども、管理の杜撰さが原因といわれる。

 東電は事故の状況を総体的にしっかりと調査しているのだろうか。部分的調査で見つかった問題点を当座の処置
ですましているように思えてならない。国会調査委員会の視察の時も、原子炉建屋の一部を見せたくないので「暗くて中は見えない」と誤魔化して査察を諦めさせた。さらに、作業員の被爆量隠し、放射能除染作業の手抜きや誤魔化しなど、政府と東電は下請け派遣会社に対する指導管理を正当に行っていないことも暴露された。東電の隠蔽体質と事故処理の杜撰さは呆れるばかりである。

 事故原子炉の廃炉まで、今後40年ほど掛かるだろうが、その場凌ぎの対処療法的作業では、廃炉完了までに「想定外」の事故やミスがまだまだ出るだろう。今度の地下プールの汚染水漏れ対策にしても、地上のタンクの数とその置き場にも限度がある。別の方法を開発しなければ、1年もすれば満杯でお手上げになることは明白である。自転車操業的な応急処置ではそのうち破綻するだろう。
 東電の会長など上部役員は代わったが体質はあまり変わりない。東電は完全に信用を失い、最早余程のことがないと信頼を取り戻すことはできない。今後まだ、何が出てくるか分からないし、何がでてきても「またか」、「やはりそうか」と、もう誰も驚かないだろう。

 東電には原発の管理能力はないといわざるをえない。IEAE調査委員会も東電のやり方を強く批判した。このような会社に原発を任しておくわけにはいかない。別組織に改組して、規制委員会の管理下に置くべきである。 

 以前から何度も繰り返し主張してきたが、 政府は原発事故原因と過去の原子力政策を根本的に総点検してから、今後の原子力の方針を決めるべきであるが、そうする姿勢は見られない。これまでの4つの原発事故調査委員会はなんのためだったのか。安倍政権はこれらの各種事故調査委員会の調査報告を活かした方針を立てる気はなさそうである。「脱原発」を修正して、原発の再稼動と原子力発電維持の方針をすでに内定していることは透けて見える。事故原因調査も過去の原発政策の検討も不十分のまま原発の再稼動を求めるわけにはいかない。多くの国民は政府と東電に対して強い不信の念を抱いている。信用を失ったら、何をやっても批判と反対が出てスムーズに事は運ばない。信頼こそが一番大切である。  

 日本は原爆の被爆国であるから平和利用に徹すべきであるし、また、国中に活断層を抱えた大地震国である特殊性を考慮して原子力政策を立てねばならない。エネルギー需要を満たすためには、原発以外にの自然エネルギー利用法の研究開発ももっと強力に進めるべきである。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.