科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
市民的教養としての科学知識の必要性

市民的素養としての科学教育の必要性
 

       
 人間社会において科学の役割は二つあり、技術を通して実生活に役立つのみでなく、自然観や思想形成という精神文明の一環としても重要である。 
 現代社会では、私たちの生活は科学・技術の成果にすっかり取り囲まれている。そして、科学・技術は政治経済を動かすところまで力を持ち、精神的にも物質的にも人間生活と社会制度を強く規制するようにさえなった。そのために、逆に科学・技術は政治のコントロールを直接受けるようになった。今や、科学・技術はそのあり方、研究開発、およびその活用法などを、一部の専門家にのみ任せておくには余りにも大きな存在となり、広く全市民の問題として自然科学は私たちの前に横たわっている。したがって、科学の基礎知識は「読み、書き、計算」と同じように、市民的教養(リテラシー)として欠かせなくなっている。このような状況を正しく捉えた科学教育として「市民的素養としての自然科学」が求められていると言えるだろう。

 衣食住、医療、資源・エネルギー、環境問題などの面で、皆の協力で社会的に解決すべきことや、個々人が自ら身を守らなければならない危険な問題が多く発生している。他方、科学・技術の社会的機能が大きくなったばかりでなく、その発展テンポが速く、かつ規模も巨大化しているので、危険な事態が発生してから対策を講じたのでは遅すぎることは、これまでの公害問題を見れば明らかである。したがって、科学・技術の適切な影響評価が必要であり、そのために自然科学と社会科学を横断する総合的科学が必要である。strong>科学・技術の力が社会で巧く機能するためには、科学者や技術者ばかりがそれを学ぶのでなく、文科系の人にも科学の基礎知識が必要である。むしろ政治、行政、司法、教育、産業、さらにマスコミなど広範囲の分野で知的労働に携わる人たちが、科学・技術の社会的機能とその影響について誤らない判断ができる基礎知識を必須とする時代である。

 だが、これらの分野の大多数の人たちは文科系の出身である。これまでの文系学生の多くは理科嫌いで、自然科学の基礎知識すら学んでない者が圧倒的に多い。そのために、日本の科学・技術に関連した政策の多くは欧米の模倣か追随であり、そして、問題が深刻化するまで対策を立てられないことが多かった。

 しかし、これからは専門家の意見を聴取し、自ら判断して方針を立うるだけの科学の基礎知識がこれらの人たちに望まれる。したがって、文系の人に科学教育をいかに行うか、その体制と教育内容を真剣に検討すべきである。また、生涯学習の一環としても、大学やマスコミの市民講座などで市民的素養としての自然科学をもっと開講すべきである。

スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.