科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
ついに閣議決定「集団」的自衛権行使承認」
ついに閣議決定「集団的自衛権行使承認」

 安倍内閣は多くの反対意見を排除して、ついに解釈改憲によって 「集団的自衛権」を認める決議を7月1日の閣議で決定した。

 特定秘密保護法の時もそうであったが、なぜこのように急いで決定せねばならないのか。安倍首相は、戦後歴代内閣の憲法解釈を無視して、我田引水、牽強付会の論理で自らの意思を強引に押し通した。長年続いてきた平和憲法の精神をこのような短期間で簡単に反故にすることは許されない。もっと時間を掛けて慎重にも慎重を重ねて、議論をすべきである。

 この閣議決定を認めることは、将来の日本に禍根を残すことになろう。日本は首相の考えで一つで憲法すら都合のよいように解釈し行使しうる国に成った。これでは日本国も、それを許すような国民も、外国の信用も失うであろうし、長年築いてきた平和主義国家のイメージも消える。

 日本は行政、立法、司法の三権分立国家のはずであったが、それは建て前だけであった。行政権が最優位で、立法・司法は行政に追従してきた。それでも、最高裁判所は憲法の番人であるといつも言われ、学校でも教えられてきた。今こそ、安倍内閣のこの暴挙を差し止める訴訟を起こすべきではないか。
ついに閣議決定「集団的自衛権行使承認」

 安倍内閣は多くの反対意見を排除して、ついに解釈改憲によって 「集団的自衛権」を認める決議を7月1日の閣議で決定した。

 特定秘密保護法の時もそうであったが、なぜこのように急いで決定せねばならないのか。安倍首相は、戦後歴代内閣の憲法解釈を無視して、我田引水、牽強付会の論理で自らの意思を強引に押し通した。長年続いてきた平和憲法の精神をこのような短期間で簡単に反故にすることは許されない。もっと時間を掛けて慎重にも慎重を重ねて、議論をすべきである。

 この閣議決定を認めることは、将来の日本に禍根を残すことになろう。日本は首相の考えで一つで憲法すら都合のよいように解釈し行使しうる国に成った。これでは日本国も、それを許すような国民も、外国の信用も失うであろうし、長年築いてきた平和主義国家のイメージも消える。

 日本は行政、立法、司法の三権分立国家のはずであったが、それは建て前だけであった。行政権が最優位で、立法・司法は行政に追従してきた。それでも、最高裁判所は憲法の番人であるといつも言われ、学校でも教えられてきた。今こそ、安倍内閣のこの暴挙を差し止める訴訟を起こすべきではないか。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.