科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
立憲主義国家の崩壊
 立憲主義国家の崩壊

「集団的自衛権行使」のための「安保保障関連法案」を審議する衆議院憲法調査会で、参考人として呼ばれた3人の憲法学者全員が、この関連法案を憲法違反であると証言した。与党の推薦した憲法学者、早稲田大の長谷部教授を含めて全員が、安倍政権の目指す集団的自衛権行使の法案は憲法違反であると断じたことは政府を慌てさせた。
 常識的に素直に解釈すれば、この安保法制は日本国憲法を超えていると思わざるをえない。それでも政府は違憲でないと主張している。安倍首相はあたかも「私が憲法だ」という態度である。まるで昔の軍部の横暴、横車を見る思いである。
「安保」法制審議の衆議院特別委員会で、野党が政府に攻勢をかけようとしている。是非とも頑張って欲しい。国会ばかりでなく、今こそ世論を喚起して安倍政権に対して総反撃し、安保法案を阻止して安倍政権を退陣させるべきである。ここで安倍首相の横暴を阻止しなければ、日本の将来に禍根を残す。
 
 辺野古への基地移転に反対する沖縄県民の声を抑えての強行、集団的自衛権行使の際限ない拡張に対する批判意見や反対世論を無視、果ては国会に呼んだ憲法学者の証言まで認めようとせず、何が何でも持論を通そうとする安倍首相を許すことはできない。
 常識的な意見も正当な学問も一切を認めず、議論の核心をずらして、詭弁的言辞を弄して言い訳を続ける政府の答弁には憤りを覚える。これでは、もはや日本は立憲主義国家でも,法治国家でもない。民主主義を否定する独断横暴の暴挙である。
 それにしても、安倍政権に抑え込まれて自己規制しているマスコミの不甲斐ないこと!
マスコミは今こそ本来の使命を自覚して、全国に拡がっている国民の反対意見や運動を取り上げて報道すべきである。そして真っ当な見解をのべて政府の横暴を正すべきである。
 日本のマスコミは、かって戦前・戦中に侵した過ちを反省したはずだが、今また同じ過ちを繰り返すのか。ものが言えるうちに声を出さないと悔いを残すと言うのが、戦前の教訓だったはずである。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.