科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
民主主義の基盤を浸食するもの
民主主義の基盤を浸食するもの

 東京渋谷の「Maruzen&ジュンク堂書店」が「自由と民主主義」をテーマにした書籍フェアに対して、書籍の選択が偏っているとの批判がネット上でなされ、フェアを一時中止したそうである。類似の書籍フェアを開く書店は、神経をとがらせているようである。
 最近、民主主義や憲法に関する書籍の売れ行きがよいそうであるが、それは「安保関連法」の影響であるらしい。市民がこの問題に関心を持ち、それについて勉強しようとする傾向は、日本の民主主義は国民のなかに可成り根付いている証拠であろうから歓迎すべきことである。それに対して、書店のフェアの内容を批判して陰に圧力をかけることは許されるべきではない。また、書店もその隠れた圧力に影響されて、書棚の本を選択するようでは、この先が思いやられる。
 民主主義破壊の危機は、反動的政治政策のように顕わに表にでる政治力によるものばかりでない。このように目立たないが陰湿な蠢動がじわじわと拡がって、社会的「空気」が創られていくことこそ危険である。書籍フェアばかりでなく、正当な集会に対して政治的色彩があるという理由で、会場使用を拒否した大学や公共施設がでている。特に、大学までとなると驚かざるをえない。マスコミに対する政府の圧力から、さらにこのような動きは権力の顔色を伺う空気が徐々に浸透しつつあるように思える。
 この種の目を早期に摘み取らねば非常に危険である。大正・昭和の歴史を振り返りつつ、世論もマスコミも声を大にして警告し反発すべきである。
 
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.