科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
参議院選挙での野党協力合意に賛成
参議院選挙での野党協力合意に賛成

 近づく参議院選挙で漸く野党の選挙協力合意ができた。安倍政権の暴走、憲法改悪を阻止して、日本の立憲主義を守るためには
是非とも野党協力が実現して欲しいと思っていた。このまま安倍政権が続けば、民主主義の下での法治国家が危ない。参議院で与党と改憲勢力の2/3を阻止することが急務である。 立憲主義を守り、集団的自衛権の安保法を廃止するために、その点だけでも野党協力が是非とも必要である。 
 前回の衆議院選挙のときに、安倍政権の危険性を見透し、小選挙区制の怖さを認識して、この野党協力をすべきだと私は思っていたし、友人たちに話もした。結果は自民党の圧勝で、安倍首相は気を強くし暴走が始まった。昔の道を再び歩まないために、今がその分岐点にある。
 「戦争反対」とは誰でも言うが、戦争の危機は突如として来るのではない。世論を誘導しながら徐々にその態勢を作って行くのだ。 最近の安倍政権はその道を進む基盤を築きつつある。安倍政権の支持率が下がらないのは、「戦争は絶対いや」という人たちも、 そのことに気づいていないからだと思う。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.