科学・技術と自然環境について、教育を考える。
オバマ大統領の広島訪問
オバマ大統領の広島訪問 

 「やっと」というべきか、「ついに」というべきか、原爆の被爆国日本が待ち望んだ米大統領の広島訪問が実現することになった。
広島、長崎の被爆者を初め、日本人の切なる希望が、一応は叶ったことになる。だが、アメリカの世論を考慮して、この訪問は「謝罪」ではなく,「最初の原爆使用国としての責任」を感じての訪問という。せめて「原爆投下は誤りだった」と言って欲しいという被爆者の言葉に共感する。遺された当時の生資料を見れば、考えも変わるかも知れない。

 オバマ大統領は就任直後、プラハでの演説で「核なき世界の実現」を掲げた。それに対して世界中の人々は拍手を送ったが、その後、その実現への努力は尻すぼみになった。このままでは「羊頭を掲げて狗肉を売る」と言われる。こうなったことはオバマ氏の本意ではないだろう、核廃絶の意思は持ち続けていたと思う。今度の広島訪問が、再び「核兵器削減」から「核廃絶」への機運を高め、その運動の先頭に立って活動されることを切望する。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.