科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
「巧言令色鮮し仁」
「巧言令色鮮し仁」

 アベのミックスは失敗。近年GDPが増えたのはアベのミックスのためではなく、リーマンショック以後数年経って、世界経済が回復したからである。日本経済の構造改革は進まず、金融緩和で株価の上昇と円安のみで、格差は拡がり低所得者は恩恵なし。
 アベのミックスの限界と失敗を認めず、今また日本経済の行き詰まりを世界経済のせい、新興国のせいにして、消費増税先送りの口実にする。

 GDP増加はアベノミックスのためと自画自賛、今度は景気低迷は世界のせいにする。
ご都合主義の極み。

 アベノミックスの検討、評価もせずに、次々にスローガン「一億総活躍」、「骨太の方針」を打ち出して、「アベノミックスを全開でふかす」と強弁する。人気取りの思いつき的政策ばかりが目立つ。財政的裏付けが無く中身のない「空政策」を打ち上げるのみ。これでは日本経済は間もなく破綻する。
 
「信無くば立たず」(安倍語録):その通りだが「巧言令色鮮し信」、
 巧言を操り国民をその気にさせて引きつけ、そして裏切った。

 消費増税の確約ほごは公約違反。今度は「新しい判断」でと。その判断の中身はない。
 この手は何にでも使える万能「逃げ口上」。 もはや信用できない。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.