科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
与党を減らし、護憲野党を増やすのが最優先
与党を減らし、護憲野党を増やすのが最優先

  今度の参議院選挙で、最優先課題は安倍首相の思い上がりと、その暴走を止めることである。
 改憲勢力が2/3を占めたら日本の将来は危ない。
  
 
 与党を減らさないと、安倍内閣は何をやっても支持は減らないと慢心し、今後も安心して好き勝手なことをやるだろう。
政府と与党の目を国民の方に向けさせるのは、勝手なことをすると選挙で与党を減らすぞと脅かすことである。
 
今度の野党の協力は「野党の野合」と与党はいうが、何が何でも「反安倍」で結束せざるをえないほど、安倍首相の政治はひどいからである。生活の党の小沢氏もそう言わざるをえないほどである。 

安倍暴走を止めるのが現在の急務である。

 マスコミは安倍首相や政府に脅かされて、報道を自粛してはならない。政府が悪ければ批判するのは当たり前、政府が右に寄りすぎれば、まともな報道はは当然政府批判となる。今は中立が中立ではない。マスコミは恐れず政府批判をやって欲しい。 

 争点の問題をすり替え、有権者の目を逸らすのが巧い安倍首相に釣られてはならない。憲法違反の安保法制と、憲法改定が一番の問題である。 
 アベノミックスでは景気はよくならないことはもう分かったはずである。
与党を減らし、護憲野党を増やすのが最優先

  今度の参議院選挙で、最優先課題は安倍首相の思い上がりと、その暴走を止めることである。
 改憲勢力が2/3を占めたら日本の将来は危ない。
  
 
 与党を減らさないと、安倍内閣は何をやっても支持は減らないと慢心し、今後も安心して好き勝手なことをやるだろう。
政府と与党の目を国民の方に向けさせるのは、勝手なことをすると選挙で与党を減らすぞと脅かすことである。
 
今度の野党の協力は「野党の野合」と与党はいうが、何が何でも「反安倍」で結束せざるをえないほど、安倍首相の政治はひどいからである。生活の党の小沢氏もそう言わざるをえないほどである。 

安倍暴走を止めるのが現在の急務である。

 マスコミは安倍首相や政府に脅かされて、報道を自粛してはならない。政府が悪ければ批判するのは当たり前、政府が右に寄りすぎれば、まともな報道はは当然政府批判となる。今は中立が中立ではない。マスコミは恐れず政府批判をやって欲しい。 

 争点の問題をすり替え、有権者の目を逸らすのが巧い安倍首相に釣られてはならない。憲法違反の安保法制と、憲法改定が一番の問題である。 
 アベノミックスでは景気はよくならないことはもう分かったはずである。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.