科学・技術と自然環境について、教育を考える。
トランプ氏は何処まで本音を通す気なのか
トランプ氏は何処まで本音を通す気なのか
 
 次期アメリカ大統領トランプ氏は、当選後は急に言動が穏やかになり、現実と世論にある程度合わせる気なのかと思った。方針転換をしたと思われるところもあるが、予定されている閣僚人事を見ると、選挙中に言った彼の本音を実現しようとする意思が見受けられる

 「トランプ現象」は「選挙による一種の革命」であると先のブログに書いたが、それに対して私の友人は「選挙によるクーデター」だといってきた。その方が妥当かも知れない。いずれにせよ、トランプ氏の今後の言動、政策を注意して監視しないと油断はできない。

 今や世界中が混沌として、何時何処で何が起こるか分からない不安定な状況である。経済的不安定、環境破壊、紛争、テロ、人災、天災がやたらに多い。それほど格差、不平等による不満が鬱積し、人心が荒廃しているのだ。「トランプ現象」はさらにその状態に混乱をお持ち込むのではないかと危惧される。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.