科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
人工知能(AI)の可能性:人間思考の盲点の発掘
人工知能(AI)の可能性:人間思考の盲点の発掘

 AIの能力は素晴らしく進み、特殊な個別分野では人間を超えるようになった。そして、AIは人間の知能をいずれは超えるだろうとの予測があり、その時点を「シンギュラーポイント」と呼んでいる。だがその「人間の知能を超える」という判断には問題がある。その理由は、人間の能力を完全に知ることは不可能だからである。なぜならば、人間が人間を探究する論理は「自己言及型の論理」であるゆえに、ゲーデルの不完全性定理によって、そのような理論は原理的に不完全であり、自己完結的理論となりえないからである


 近年の脳研究で未知の領域が広がり、人間の意識の奥深さ、複雑さが改めて認識されている。それゆえ、人間の能力を知り尽くす事は不可能であり、AIが人間を超えたか否かを判定することも不可能であろう。

 今の深層学習(Deep Learning)は、学習目的の分かっている特定分野の問題について多量のデータを記憶させて、反復経験により帰納的に学習するものである。それゆえ、深層学習のソフトは個別分野適用のソフトであり、人間のように、多面的に総合的判断ができる汎用性AIではない。汎用性AIのソフトを開発する論理と方法(それは演繹的推論の論理)はまだ未知である。まして新たな物事を創造する能力を有するソフトの開発は難しい。創造性機能を有するためには、現在実行していることの意味(何のための計算か、ゲームの楽しさなど)を理解しなければならないが、コンピューターにはその意味を理解できない。したがって、人間の能力に「迫る」あるいは「超える」ようなAIを開発することは今のところできない。 

そこで、それよりも現時点でAIにとって可能性の高い開発分野は、「人間の思考形式の盲点」となっているところを発見することであろう。人間の思考形式(発想)は決まったものではなく、東洋と西洋で、あるいは民族により異なるし、また時代とともに発展進歩してきた。論理学にしても弁証法論理や形式論理がある。特に形式論学は古代から、名辞論理(三段論法)、命題論理、述語論理など次々に開発されてきた。今後も新しい論理が誕生するだろう。それゆえ、現代人の思考形式はまだ不十分で、未知の論理があるはずだ。つまり人間の思考や発想には盲点があるだろう。地球外の高等生物は我々とは異なる論理思考を持っているかも知れない。 

 現に、将棋や囲碁の対局で、人間には思いつかない着手が飛び出して、驚かされている。しかもそれで勝っている。トップ棋士が、ゲ-ムソフトを使って研究するのは人間の盲点を指摘されるからだという。人間は最初からこの手は駄目だと思って読みの対象から外してしまうものがある。しかし、コンピューターは愚直にすべての可能な手を読み尽くすので、人間が見落としていた思わぬ応手によって盲点を突かれることがあるという。
 
 単一分野の深層学習ソフトでも、このように人間の盲点の発見に繋がる。それゆえ、複数の分野の深層学習ソフトを並列に繋げば、更なる人間思考の盲点や隙間を発見することができるだろう。メモリー容量が許すならば、種々の分野の深層学習ソフトを並列処理したもう一段階高い深層学習ソフトで繋げば、ある程度の汎用性のあるものができ、きっと新たな発見があるはずである。

 しかし、問題は何が人間の盲点かを判定する基準と、それを拾い出すプログラミングの開発である。人間がコンピューターの反応全部を終始監視し続けることはできないから、それをコンピューターにさせるのである。このレベルではコンピューターの応答(動作)のほとんどのものは、ソフトを作った人間の期待に応える常識の範囲であろう。それら応答の中で異常と思われるものを取り出して、それが人間の盲点を突き、かつ有効なものと判断できるプログラミングを作らねばならない。それができるコンピューター同士でシミュレーションをするなら面白いだろう。 囲碁、将棋のようなゲームの場合は、盲点であることの判断は比較的し易い。しかし、一般の社会的現象ではその判断基準は簡単ではなかろう。

 だが、この種のソフトの開発は、「創造的ソフト」の開発のヒントを与えてくれるだろうから研究の価値があると思う。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.