FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
議会制民主主義の崩壊
議会制民主主義の崩壊

 安倍首相の理不尽な国会解散から総選挙。初期の予想に反して結果は自民党の圧勝。野党の混乱、北朝鮮、台風、小選挙区制と、理由はいろいろ重なっている。その中でも、最大の理由は小選挙区制である。野党の混乱・競合もその基礎には小選挙区制がある。

 安倍首相一強の傲慢と嘘に国民は怒ったが、受け皿になる野党が頼りないから結局自民党に投票したという人が多い。「安倍・自民党の独裁を凝らすには野党を増やし、育てなければならない」といっても、「育てる野党が無い。今の野党には任されない」という答えが返ってきた。頼りない野党でももっと野党議員を国会に送りだして与党・野党がバランスを保ち、国会で議論を闘わさなければ、しっかりした野党は育たない。野党を育てるのも選挙民の意識による。

 今の国会は機能を失って、自民党安倍政権の思うまま、やりたい放題である。国会で議論すべき重要な政策も閣議決定で済まし、国会の論戦では質問にもまともに答えない、野党の国会開催要求(モリカケ疑惑追及)にも応じない(憲法無視)、やっと国会を召集したら議論抜きで理由無き国会解散、選挙で大勝したら「謙虚」を口にするが、国会での野党の持ち時間を減らして、議席数に応じて与党の持ち時間を増やせといいだした。それをいうなら、選挙の得票数に応じて与野党の持ち時間を決めるべきだ。次の国会ではまた、安倍内閣の横暴と権謀術策でことが運ばれるだろう。日本の議会制民主主義は崩壊の危機に瀕している。

 マスコミ(特にテレビ)では、次期国会で野党が首相の指名投票を誰にするか盛んに取り上げられている。結果は安倍晋三に決まっているのだから、今さら各党が誰にしようが意味がない。そんなことよりも、民主的な議会運営をいかに回復するか、そして議論すべき重要課題は何か、安倍疑惑をいかに追求するかを取り上げるべきである。

 今度の選挙後、小選挙区制の弊害が漸く言及されるようになった。今の一強独裁と議会制度が有名無実担ったのは小選挙区制のせいである。私は4.5年前から、「一票の格差」よりも、死票が圧倒的に多く、30%の獲得票で7割以上の議席の取れる小選挙区制を廃止して、中選挙区制ないしは比例代表制にする世論を喚起すべきであると、このブログにも書いてきた。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.