FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
本格的人工知能(AI)の始まり
本格的人工知能(AI)の始まり

初歩から自己学習するAI
 人工知能(AI)の開発のなかでも、囲碁ソフトの急速な進歩にはみなが目を見張った。トップのプロ棋士を追い越すのはまだまだ先との予想に反し、ついに2016年にアルファ碁(Alpha-Go)が出現してトップ棋士に圧勝した。アルファ碁の出現は囲碁界ばかりでなく、人類社会に大きな衝撃を与えた。その後の改良によりアルファ碁は更なる進歩を遂げて、人間のレベルを超えたので、人間を相手の囲碁を打ち切り引退すると宣言した。今度は、囲碁AI同士の対局で研鑽するという。
 AIの長足の進歩は、深層学習(deep learning)ソフトの開発によっている。深層学習のAIはパターン認識の分野で開発され、それを囲碁ソフトに応用して成功した。

 深層学習のソフトは、莫大な量の情報(画面など)をAIに記録させ、それによって帰納的に法則性を学習させる方法である。
 初期Alpha-Goの場合は、最初に囲碁ルール、定石、手筋など基礎的な知識を与えておき、その上でプロ棋士の打った棋譜何千万局を記録させて、学習させるというものであった。その学習により、単に人間の打った手を真似て学習するというのではなく、莫大な数の棋譜(1次情報)から帰納的に法則的なもの(2次情報)を編み出して着手を選らぶというものであった。その2次情報は、人間の棋譜から与えられた知識(1次情報)を超えたものであることは、アルファ碁がプロ棋士は避けて打たない着手(発想外の着手や悪手とみなされる着手)を打って勝ったことである。
 それでもアルファ碁の着手は、人間の棋譜を学習して得たものであるから、まだ人間の世界に止まっているとか、いくら強くても囲碁AIはその着手の意味を理解してない(なぜその手を選んだか説明できない)ということが、人間にとってせめてもの救いであった。囲碁AIはその着手の意味を理解してないか否かは議論の余地のあるところだが、AIはまだ人間の手のひらの中にあったろう。ところが、それも怪しくなる事態が起こった。

本格的AIの始まり
アルファ碁を開発してきたDeep Mind 社が新たに開発したAlpha-Go-zero は人間の打った棋譜には一切頼らず、自習で棋力を向上するものである。ただ囲碁のルールのみ入力し、あとはそのコンピュータ同士で自己対局させ、学習させるというものである。その棋力の成長速度はまさに脅威的でる。学習を始めて3日後、400万局の自己対局で初代アルファ碁を超えたという。初代アルファ碁相手に、アルファ碁ゼロは100戦全勝したそうだ。40日で2,900万局をこなし、2代目のアルファ碁マスターを追い越して、100番勝負は89:11で勝ったそうである。
 人間の棋譜から学んで成長するよりも、かえって白紙のまま自学で成長する方が早いのだろうか。人間からの情報や指導なしに、自己学習によって棋力を向上させる囲碁ソフト、これこそ人工知能である。
 アルファ碁ゼロの棋譜を見ると、その進化過程で発見した定石や手筋などは人間のものと極似しているという(大橋拓文6段,)。すると、進化の道筋は本質的なところでは一つなのだろうか。囲碁以外の分野でも、人類の進化過程で開発してきた文化の形式と同様のパターンをAIは自己学習で辿るであろうか。ゲームなどルールや形式が整った理論的なものは、発達のパターンは限られているのかも知れない。数学のような論理的なものは、その発達のパターンや形式は、AIも人類と似たものを形成するかも知れない。
 しかし、言葉などはそう単純ではないだろう。ある一つの言語における必要最小限の文法と単語だけを教え、AI同士会話をさせて、言語の発達をみるのも興味あることである。あるいはもっと初歩から、AIの言語の発達過程が見られたらもっと面白い。チョムスキーの言語理論がテストできる。

 物事の発達に関するこの研究は、人類とAIとの共存社会はいかなる形態や制度になるか、また地球外文明の形態を想像する上でも参考になる重要な情報である。

 それにしても、人類が何千年も掛けて営々と積み重ねて達成した囲碁の殿堂は、わずか40日ほどで超えられてしまった。恐ろしいといえば、まさに恐ろしいことである。
 人間の指導なしで進歩するこの技術は囲碁AIに限らず、今後いろいろな分野に応用されていくだろう。本格的AI時代の始まりである。今のところは、個別分野でのルール・規則など基礎的知識のみを仕込んだAIの開発であるから汎用性はないが、いずれ近いうちに2種、3種の分野を統合した多用性の自己学習AIが氾濫するだろう。そうなると、本当に人類とAIの共存社会が始まる。だが、この技術を野放しにすると、人類の破滅を招く危険性を有する。その意味ではとんでもないAIが出現したといえる。
本格的人工知能(AI)の始まり 人工知能(AI)の開発のなかでも、囲碁ソフトの急速な進歩にはみなが目を見張った。トップのプロ棋士を追い越すのはまだまだ先との予想に反し、ついに2016年にアルファ碁(Alpha-Go)が出現してトップ棋士に圧勝した。アルファ碁の出現は囲碁界ばかりでなく、人類社会に大きな衝撃を与えた。その後の改良によりアルファ碁は更なる進歩を遂げて、人間のレベルを超えたので、人間を相手の囲碁を打ち切り引退すると宣言した。今度は、囲碁AI同士の対局で研鑽するという。
 AIの長足の進歩は、深層学習(deep learning)ソフトの開発によっている。深層学習のAIはパターン認識の分野で開発され、それを囲碁ソフトに応用して成功した。
深層学習のソフトは、莫大な量の情報(画面など)をAIに記録させ、それによって帰納的に法則性を学習させる方法である。
 囲碁AIの場合は、最初に囲碁ルール、定石、手筋など基礎的な知識を与えておき、その上でプロ棋士の打った棋譜何千万局を記録させて、学習させるというものであった。その学習により、単に人間の打った手を真似て学習するというのではなく、莫大な数の棋譜(1次情報)から帰納的に法則的なもの(2次情報)を編み出して着手を選らぶというものであった。その2次情報は、人間の棋譜から与えられた知識(1次情報)を超えたものであることは、アルファ碁がプロ棋士は避けて打たない着手(発想外の着手や悪手とみなされる着手)を打って勝ったことである。
 それでもアルファ碁の着手は、人間の棋譜を学習して得たものであるから、まだ人間の世界に止まっているとか、いくら強くても囲碁AIはその着手の意味を理解してない(なぜその手を選んだか説明できない)ということが、人間にとってせめてもの救いであった。囲碁AIはその着手の意味を理解してないか否かは議論の余地のあるところだが、AIはまだ人間の手のひらの中にあったろう。ところが、それも怪しくなる事態が起こった。

本格的AIの始まり
アルファ碁を開発してきたDeep Mind 社が新たに開発したAlpha-Go-zero は人間の打った棋譜には一切頼らず、自習で棋力を向上するものである。ただ囲碁のルールのみ入力し、あとはそのコンピュータ同士で自己対局させ、学習させるというものである。その棋力の成長速度はまさに脅威的でる。学習を始めて3日後、400万局の自己対局で初代アルファ碁を超えたという。初代アルファ碁相手に、アルファ碁ゼロは100戦全勝したそうだ。40日で2,900万局をこなし、2代目のアルファ碁マスターを追い越して、100番勝負は89:11で勝ったそうである。
 人間の棋譜から学んで成長するよりも、かえって白紙のまま自学で成長する方が早いのだろうか。人間からの情報や指導なしに、自己学習によって棋力を向上させる囲碁ソフト、これこそ人工知能である。
 アルファ碁ゼロの棋譜を見ると、その進化過程で発見した定石や手筋などは人間のものと極似しているという(大橋拓文6段)。すると、進化の道筋は本質的なところでは一つなのだろうか。囲碁以外の分野でも、人類がの進化過程で開発してきた形式と同様のパターンをAIは自己学習で辿るであろうか。ゲームなどルールや形式が整った理論的なものは、発達のパターンは限られているのかも知れない。数学のような論理的なものは、その発達のパターンや形式は、AIは人類と似たものを形成するかも知れない。
 しかし、言葉などはそう単純ではないだろう。ある一つの言語の文法だけ教え、AI同士会話をさせて、言語の発達をみるのも興味あることである。
 物事の発達に関するこの研究は、人類とAIとの共存社会はいかなる形態や制度になるか、また地球外文明の形態を想像する上でも参考になる重要な情報である。

 それにしても、人類が何千年も掛けて営々と積み重ねて達成した囲碁の殿堂は、わずか40日ほどで超えられてしまった。恐ろしいといえば、まさに恐ろしいことである。
 人間の指導なしで進歩するこの技術は囲碁AIに限らず、今後いろいろな分野に応用されていくだろう。本格的AI時代の始まりである。今のところは、個別分野でのルール・規則など基礎的知識のみを仕込んだAIの開発であるから汎用性はないが、いずれ近いうちに2種、3種の分野を統合した多用性の自己学習AIが氾濫するだろう。そうなると、本当に人類とAIの共存社会が始まる。だが、この技術を野放しにすると、人類の破滅を招く危険性を有する。その意味ではとんでもないAIが出現したといえる。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.