FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
近代科学はなぜ東洋でなく西洋で誕生したか
近代科学はなぜ東洋でなく西洋で誕生したか

 かねてから少しずつ書きためてきた表題の原稿が、漸くこのほど完成した。下記の「まえがき」のような目的と内容である。
この種の読み物は売れないので、出版社との交渉も一苦労であるが、周囲の人たちは興味を示してくれている。
これが最後の著作のつもりでいる。


近代科学はなぜ東洋でなく西欧で誕生したか(仮題)
         -近代科学を超えて現代科学へ- 

まえがき
 近代科学の成立の意義は、その誕生自体が人類の文明史における一大エポックであるばかりでなく、それが以後の人類史を転換し発展させる原動力となったことを思えば、これほど大きな歴史的事象はないと思う。
 それゆえ、このテーマはこれまでに多くの科学史家の重要な課題として関心が寄せられ、研究されてきた。筆者は物理学が専門であり科学史が専門ではないが、科学論の研究とともに、興味をもってこの問題に取り組み、文系・理系分野の仲間と協同で長年研究会を続け、研鑽を重ねてきた。そのなかで、東洋と西洋との文化を比較検討することにより、近代科学成立の経緯と意義を考察した。その成果を不十分ながら『東の科学・西の科学』(共著)(東方出版1988)として上梓した。

 その延長として、筆者はその後も「近代科学はなぜ東洋でなく西欧で誕生したか」を考察してきた。だが、この課題は非常に広くかつ奥が深いので、限られた人数で一次資料を探索しながら進めることはおそらく無理であろう。まして語学において非力な筆者にはそれは不可能である。幸いに日本では優れた科学史家や科学論が纏められた著作や論文があり、また海外著作の翻訳もある。そこで、これまでの科学史家の努力の諸成果を二次資料として用い、筆者の科学観に基づいて科学史的に妥当と思われるそれら資料を採択することにした。その資料に頼りながら当時の文明とその歴史的動態を分析することで、筆者なりの推論と解釈を重ねてきた。それによって古代から東洋と西洋における科学の発展過程を辿り、なぜ近代科学が東洋でなく西洋で誕生したのかを、その特徴的と思われる理由を取り上げてまとめたのが本書である。
 さらに最後に、近代科学から現代科学への移行過程を概観し、自然観や論理の転換の特徴とその意義を考察する。それに基づいて、近代および現代の科学・技術に対する批判を踏まえ、今後の科学のあり方を論ずる。

 科学・技術の性格は社会制度に規定された科学の目的と科学の担い手に依存する。科学の内容と形式には、それが築かれた文化圏(あるいは民族)の自然観と思惟形式が反映している。そして重要なことは、科学の進歩・発展は一つの文化圏に閉じていては限界があり停滞するということである。科学の進歩には、その発展段階に応じた自然観と思惟形式が求められるが、それに応えうるには新たな自然観と思惟形式をもった異なる文化圏(民族)にその科学が移行し継承されてこそ可能である。そのことが科学の発展史を通して明らかになる。
 西では古代ギリシアからアラビア(イスラム圏)・ラテン・西欧へと、科学の発展段階にマッチした文化圏によって引き継がれ、近代科学が誕生した。東洋では、中国・インドともに、科学・技術の継承はそれぞれの文化圏内に閉じていたために、尚古主義に陥って自然観と発想が固定化された。そのために、中世までに進んでいた科学・技術の進歩は停滞した。
 科学の進歩・発展には、ある局面では発想の転換が必要である。そのためには、科学文明がそれまでとは異なる自然観と思惟形式をもった文化圏(民族)によって継承され、新たな発想と思考形式をもって研究が進められる必要があることを強調したい。現代科学は西洋的近代科学の論理と方法を引き継いでいるが、新たな自然観と論理をもってそれを超克し、世界科学になりつつある。


目次

序章   (23ページ)
第1節 はじめに
第2節 科学・技術の社会的機能、
(1) 現代科学・技術に対する批判について
(2) 近代科学の論理と方法について
(3)科学批判に対する問題意識
第3節 「科学」とは何か
(1) 科学の定義について
(2) 科学と自然観の相互依存
(3) 自然科学の本質:「科学は自然自体の自己反映活動」  
  科学の不完全性:自己言及型の論理
第4節 アプローチの方法 
(1) 風土論
   (i) ユーラシア大陸の代表的3地域
(i i) 風土と人間の相互依存性
(2)対象とする東西の文化圏
(3)比較項目
 (i) 自然観:宇宙観、物質観、生命観、自然と人間との関係
 (i i) 思惟形式:論理学と数学
 (i i i) 科学の方法:分類法、実証法、数学記述
 (i v) 科学の社会的地位:科学・技術の役割と担い手
 (v) 科学と宗教との関係
 (v i) 科学・技術の伝承と発展の経緯
第5節 近代科学の特徴:方法と論理
(1)観察・実験による実証性
(2)数学による記述
(3)公理論的演繹理論の体系化

第1章 古代文明における科学と技術 (58ページ)
第1節 古代の4大文化圏における自然観と技術
(1)エジプト文明
(2)メソポタミア文明
(3)インダス文明
(4)黄河・長江文明
第2節 古典科学の発祥:技術から科学への進展
第3節 中国文明における古典科学
(1)中国の自然観
(2)中国の宇宙観・天文学
(3)中国の物質観
(4) 中国医学と本草学
(5)中国の思惟形式
(6)中国の伝統数学
(7)物理学的科学と技術
(8)科学の社会的地位:科学・技術の役割と担い手 
第4節 インド文明と古典科学
(1)インドの自然観
(2)インドの科学・技術の性格
(3)物質観:元素論、原子論
(4)物理学的科学:運動論
(5)インド錬金術
(6)生命観と医薬術
(7)思惟形式:論理学
(8)インドの数学
(9)科学の社会的地位:科学・技術の役割と担い手
第5節 ギリシア文明と自然哲学 
(1) 古代ギリシアの自然観
 (i)第1期 イオニア的自然観(自然学)
 (i i)第2期 アテナイ期の自然観(自然学)
 (i i i)第3期ヘレニズムの自然観(自然学)
(2)古代ギリシアの宇宙観・天文学
(3)物質観:元素論と原子論
(4)古代ギリシアの医学
(5)ギリシアの思惟形式
(6)ギリシアの数学
(7)古代ギリシアの科学と技術
 (i)物理的科学  
 (i i)技術
(8)アリストテレスの総合
(9)自然学の社会的地位と担い手
(1 0)ローマ帝国の科学・技術
第6節 古代科学文明のまとめ

第2章 中世における科学・技術 (31ページ)
第1節 中国の自然観と科学・技術
(1)中世中国の自然観
(2)宇宙論・天文学
(3)中国の技術
(4)思惟形式
(5)中国数学の黄金時代
第2節 中世インドの科学
(1)インド数学
(2)インドの運動論 
(3)インド科学の停滞理由
第3節 アラビア科学(イスラム圏の科学)
(1)ギリシア・ヘレニズム科学の移行
(2)イスラムの自然観
(3)アラビア科学の特徴
(4)アラビアの天文学
(5)物質論と錬金術
(6)物理的科学:観測・実験科学の芽生え
(7)アラビアの医学
(8)アラビアの数学
(9)アラビア科学の貢献  
第4節 中世西欧の科学・技術
(1)12世紀ルネサンス
(2)中世西欧の自然観
(3)数学的実験科学の方法:グロステスト
(4)14世紀西欧ルネサンスとその影響
(5)中世西欧の科学・技術
 (i) 静力学
 (ii) 運動論
(6)天文学・宇宙論
(7)コペルニクスの地動説
(8)空間革命
(9)中世西欧の技術
第5節 まとめ:中世における科学の継承
(1)異民族による学術文化の受容と発展
(2)学術の継承・発展の条件

第3章 近代科学の形成 (43ページ)
第1節 近代物理学誕生の前夜
(1)新たな科学のための哲学
(2)デカルトの自然哲学 
第2節 近代物理学の形成 
(1)ガリレイの功績
(i)地動説の力学的擁護 
(i i)自由落下法則
(i i i) 慣性法則の発見
第3節 近代科学の基礎となる自然観
(1)真空の存在
(2)原子論的自然観
(3)機械論的自然観
(4)数学的自然観
 (i)数学化の意義
(i i) 数量化の可能なものと不可能なもの
第4節 デカルト物理学
第5節 惑星に関するケプラーの法則:円のドグマからの脱出
第6節 学協会の設立達成
第7節 ニュートンの総合
(1)ニュートン力学の成立 
(2)『プリンキピア』とその意義
(3)ニュートン派とデカルト派の対立:万有引力をめぐる論争
第8節 第一科学革命
(1)科学革命は二段階で達成
(2)自然法則概念の転換
(3)ニュートン力学成立の社会的影響
第9節 近代物理学の完成へ
(1)ニュートン力学の整備から解析力学へ
(2)微分積分学の誕生:数学革命と科学
(3)力学的決定論
第10節 科学の前線が拡大:物理、化学、生物学
(1)電磁気学
(2)光学
(3)熱学から熱力学へ
(i) 熱素説 
(i i) 熱の運動論
(i i i) 熱機関:カルノー機関
(i v) エネルギー保存則
(v) エントロピー増大則
(4)熱(分子)統計力学
(i) 熱力学の 実体的基礎づけ
(i i)時間反転不変性とエントロピー増大則の矛盾の問題
(5)原子論に基づく近代化学の形成 
(6)生物学の新展開
( i ) 解剖学・生理学
(i i) 細胞学の形成
(i i i) リンネの近代分類学
(i v) ダーヴィンの進化論
(7)近代科学の完成 
第11節 西欧近代科学の性格と論理的特徴
(1)近代科学の基礎にある三つの自然観と「絶対性」の概念
( I ) 三つの自然観
(i i)「絶対性」の概念を骨格とする理論体系
(2)近代科学の論理構造
(i)観察・実験による実証法
(i i) 数学による記述とその効用
(i i i) 演繹的理論の体系化

第4章 現代科学-20世紀の科学 (20ページ)
第1節 20世紀における科学の展開
(1)科学の新展開
 (2)現代科学は世界科学となった
第2節 第2科学革命
(1)物理学革命の始まり:相対性理論
 (i)特殊相対性理論
 ( i i )一般相対性理論
(2)量子力学の誕生:最大の物理学革命
 (i)前期量子論の意義と役割について
 ( i i ) 量子力学の成立
(3)素粒子論:究極物質を求めて
 (i)相対論的場の量子論と反粒子
 ( i i ) 素粒子論の始まり
 ( i i i ) 素粒子の複合模型 : クォーク
 ( i v ) 物質の階層性
 ( v ) 相互作用の統一理論
(4)進化する宇宙:膨張宇宙論
(5)量子化学と物質科学
(6)生物学革命
(7)情報科学の誕生
第3節 現代科学の論理の特徴
(1)絶対概念から相対概念へ
(2)物理学の理論構成にみる質的変化
(3)新たな概念による自然界の再分類
(4)要素還元的分析法を超克して

終章 今後の科学の意義と目的:第3科学革命 (7ページ)
第1節 自然科学は「人類による自然自体の自己反映」
(1)自然・人類・科学の関係
(2)科学の不完全性:自己言及型の論理
(3)自然との共生を目指す科学・技術
第2節 21世紀の科学
(1)第三科学革命:複雑系科学、認知科学の誕生
(2)21世紀の科学は名実ともに「世界科学」となり得るか
(3)科学の価値について:科学と技術の区別を 
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.