FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
米寿を迎えて
米寿を迎えて

 8月7日に、ついに八八歳の米寿を迎えた。お祝いの電話やメールのメッセージを数人の方から頂いた。それほどお目出度いとは思わぬが、この年まで元気でこられたことは目出度いことだといわれ、なるほどと思った。友人仲間がささやかなお祝いの集いを、この日の前後にしてくれる。有り難いことである。
 念願であった『近代科学はなぜ東洋でなく西欧で誕生したか』を、近日中に吉岡書店から出版する運びである。

 私の誕生日は、広島原爆の日(6日)の翌日、2日後は長崎原爆の日である。それゆえ、誕生日の祝いは、精神的に控えめにしてきた。
 「原爆の日」は今年で73歳を迎えた。漸く「核兵器禁止条約」が議決されたが、被爆国の日本は不参加であり、世界的にも批准は遅れているようである。広島原爆被災者追悼の平和式典での阿倍首相のメッセージは空々しいものであった。

沖縄の翁長雄志知事の訃報が8日にあった。まだ若く67歳とのことだ。
沖縄から基地をなくすべく、強固な意思をもって熱心に行動を貫いた立派な人だった。辺野古基地を阻止する最後の手段「埋め立て承認撤回の手続き」の直前に逝去されたことは、さぞ残念であったろう。沖縄に対し日本は冷淡であることを恨んでいたという。胸が痛む。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.