FC2ブログ
科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »03
プラスティックゴミ問題で思うこと
プラスティックゴミ問題で思うこと

 自然に分解しないプラスティック製品のゴミによる地球の汚染がひどい。特に海中に流れ込んだ袋など、多くのプラ製品が大量に蓄積し、それを飲み込んだ海洋生物(動物や魚類)の被害が深刻になっている。 このままでは2050年までに海に流入するプラスチックゴミの総重量が、世界の海に生息する魚の総重量を超えるとの予測もあり、分解されずにたまり続ける大量のプラスチックゴミの問題が世界で懸念されている。

 それゆえ、プラスティック製品、特に袋やストローの使用を制限する運動が、最近急速に進んでいる。そうなると、プラスティック製品を製造している会社は存亡の危機に見舞われるので、プラスティックに代わり、バクテリアによって自然に分解される物質の開発を進めている。プラスティック業者は生き延びるためにこの開発研究は当然だろう。すでに、幾種類かの新物質が開発されているようだ。
 だが安心するわけにはいかない。新たな問題が起こる可能性があるからである。予想される問題点をあげると
1.完全に分解するまでにほぼ1年かかるそうで、少なくとも半年は分解せずにそのまま海中を浮遊するから、動物・魚類の被害は完全には無くならない。
2.その様な代替製品ができると、これまでの例を見れば、環境にやさしい製品だといって、プラスティックよりも大量に作られ、売り出される可能性がある。それゆえ、必ずしも環境に良いとは限らない。
3.そのゴミが自然分解されても、分解された有機物は何かが問題である。その分会有機物の化学的性質が安全無害であるかを検証する必要がある。たとえ、有害でなくとも、大量に作り続けると、その製品が分解されてできる有機物の蓄積により、海水の成分濃度が変わり、環境変化、ひいては生態系の変化を引き起こす可能性もある。


 これまで、環境に悪影響があると指摘された物質に代わる代替物が開発され、素晴らしい発明だと宣伝されたものでも、後になって予想外のところに悪影響がでた例は多い。原子力発電(使用済み核燃料の蓄積、原子炉事故)、フロンガス(オゾン層破壊)などがその典型である。また、省資源、省エネルギーに役立つ技術の開発は一時的には、環境保全に寄与したが、その技術の普及によって新製品が大量に作られ、使われて、かえって資源とエネルギーの無駄な消費が増えて環境汚染を増したこと忘れてはならない。真空管に代わるトランジスターがその最たるものである。LED照明にもその兆しが現れている。

 技術開発のみによって地球環境は救えない。人間の欲望は技術改革の波を乗り超えて膨らみ、資本主義の下では止まることはない。 むしろ、人間の考え方(精神構造)、生活スタイルの転換が不可欠であろう。環境汚染はプラゴミばかりではなく、生活物質全てに亘るから、今や地球全体がゴミ屋敷になりつつある。この際、発想を転換して、無駄を省き、便利さを追求し続ける人類の生活スタイルを変える運動を起こすべきである。

環境運動家グレタ・トゥンべリさんのような若者の運動を支援し、早急に人類全体に広めねばならないたい。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.