科学・技術と自然環境について、教育を考える。
歴史教科書の訂正
沖縄「集団自決」と歴史教科書の訂正について

 教科書検定の密室性を打ち破るために

 沖縄の「集団自決」について、昨年の教科書検定で「日本軍の強制」がなかったと歴史教科書を書くよう文部科学省は指導した。その部分について、沖縄県民の怒りをかい、また世論に押されて、文部科学省は訂正書き換えを認めざるをえなくなった。

 日本軍による強制で集団自決が起こったという趣旨で、教科書会社が文部科学省に訂正申請する方針を明らかにした。

 あの戦時下の軍の絶対的権力とそれによる威圧を体験したり、見聞したりした者は、誰でも軍の強制があったに違いないと想像できる。戦後になって、当時の沖縄の悲惨さと集団自決の話は当事者の証言や証拠と共に多く聞いてきた。それにも関わらず、安倍内閣と文科省は、裁判における僅かの証言などを盾に、これまでの多くの沖縄県民の証言や証拠を無視して、「軍の強制」を否定する方向に傾き教科書検定を行った。安倍前首相は「新しい歴史教科書を作る会」に肩入れしていたので、彼の意向で文科省が動いたと推測できる。その結果、良識ある世論の批判を浴び、沖縄県民の怒りと反撃にあった。

 政府はこの世論を認めざるをえなくなり、このほど教科書検定の見直しとなった。政府が比較的早期に検定見直しを認めたのは、参議院選挙で大敗して与党が過半数を占めたことと、安倍内閣から福田内閣に変わったからであろう。


 それにしても、こうフラフラと教科書の記述が変わるのは拙いし、醜態でもある。前の歴史教科書の検定方針を決めた審議会の議論は非公開で、沖縄県民はおろか私たちにも一切知らされない。検定規則を決める委員会と、検定審査過程が公開されていたならば、このような拙い事態を起こさなくて済んだであろう。

 一部の新聞報道によれば、日本史の執筆者であり、今度教科書の訂正申請をする坂本昇さんは、訂正記述の内容を公表した。検定規則では、申請者は検定が終わるまでは内容を明らかにできないが、「検定の密室性に一石を投じたい」ために、教科書会社とは別に一執筆者として、あえて申請前に修正案を明らかにしたそうである。

 教科書検定に関する制度、すなわち規則の制定、検定方針を決定する審議会の議論、検定審査過程などの公開を実現させるために、この機会に坂本さんの決意と行動を支援し、公開制度要求の運動を起こそうではないですか。マスコミもそのように動いてほしい。こと公教育に関しては、文科省の一方的意図がない限り、情報公開を否定する理由は何もないはずである。

 日本は先進国の中では情報公開が遅れている方である。政府の各省を初め、すべての公的機関は、できるだけ情報を漏らさないようにしている。特に近年は、個人情報秘匿を隠れ蓑にして情報公開を逃げる傾向がある。公的機関は原則的にはすべての情報を公開すべきである。

 防衛省、厚労省、農水省、外務省など次から次へと汚職や犯罪的行為が起こる原因の一つは、その隠蔽体質、情報公開が不十分だからである。

 
 

 
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.