科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
世界歴史教科書と科学・技術
世界歴史教科書と科学・技術

 以前から「科学・技術の社会的意義を歴史教育に」を主張してきたので(前のブログ参照)、そのような歴史教科書を歴史家と科学史家との協力で作ろうと思い、研究会の立ち上げを呼び掛けた。

  そのためにまず、高校の世界史の教科書を読んでみた。下記の山川出版社の教科書が受験向けとして比較的多く採用されているそうなので、その一冊を読んでみた。以下にその感想をまとめた。(次には、『新改訂 世界史B』実教出版 を読む予定。)

 
『詳説 世界史』改訂版(山川出版社 2008)を読んで

1.世界をいくつかの地域と時代に区分して記述

人類史は長く、世界は広域であるから、この区分は当然であるが、その区分の基準は史観により多少異なるだろう。この教科書での地域区分と時代区分は、主として政治権力(国家)の樹立と権力闘争(領土の拡大、支配者の交替)を基本にしてなされ、それら区分法に文化の要素が少し加えられている。

 全体の記述は、やはりヨーロッパ中心の「世界史」であるように思われる。
 
2.政治、経済、文化(思想・宗教)、芸術、技術・科学

 政治は権力の移動、支配領土の変遷(戦争)の記述が主体。次いで、政治制度(支配形態、民主制度など)と宗教の関係が目を引く。交易、経済・文化交流の記述はあるが、産業、科学・技術の話は少ない。
 記述法は、ほとんどが事実の羅列で、地域間の関係と時代の流れとの関係記述が弱い。

 社会の上部構造を主体とした歴史記述で、しかも、横(地域)と縦(時代)の相互連関、歴史的因果関係の解説が少ないから、下部構造の経済(産業、商業)、科学・技術の役割が入る余地がほとんどない。
 
3.社会と文化 
 
各文明圏に「社会と文化」の項目はあるが、短くかつ現象的記述が多く羅列的である。科学も文化の一部であり、思想、宗教、芸術、経済・産業への影響は大で無視できないはずだが、これらの相互関係が見られない。

 古代からの科学・技術、近代科学の成立、産業革命などの社会的影響、現代科学・技術の役割をもっと解説する必要がある。

 「近代科学成立」についてはやや長く書かれているが、その意義と影響はほとんど触れてない。

 「産業革命」の社会的影響は少し詳しいが不十分である。特に、技術内容と「なぜいかにして」産業革命が起こったか、その時代背景の説明もない。

「現代文明」はやや詳しい記述あり 
 ・現代科学と生活・環境の変化:物理革命以後、科学・技術の全面開花とその影響。
 ・現代文明による危機:環境破壊、科学・技術の地球市民による監視の必要性。 
・現代文化:近代ヨーロッパへの批判から哲学・思想の転換が起こり、社会学が進展。

 「科学技術の発展と現代文明」(主題2)
 ・人工衛星観測による地球環境破壊:砂漠化、異常気象
・交通手段・情報技術の発達:グローバル化-大量消費社会、情報ネットワーク社会。
「これからの世界と日本」(主題3)
 ・資源・エネルギーの大量消費:環境保全、地域格差解消に日本は先頭に立つべし。

4.まとめ
 
 科学・技術は、社会的・歴史的に蓄積されて進歩・発展するもので、連続性がある。細切れの記述では科学・技術の社会的影響は見えてこない。

 科学は知的欲求のみでなく、社会的要請にも応えつつ進歩し、逆に社会の変化の方向を規制してきた。定着農業、民族移動、産業・経済、戦争なども技術レベルに依存している。近代科学と産業革命にしろ、現代社会における科学・技術とそれによる社会的変化・発展や地球的問題は、突如起こったのではなく徐々に拡大浸透してきたものである。それゆえ、人類史におけるその寄与に関して一貫した視点が必要である。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.