科学・技術と自然環境について、教育を考える。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
世界歴史教科書と科学・技術 I I
世界歴史教科書と科学・技術 II 

 「科学・技術の社会的意義を歴史教育に」を主張してきたので(以前のブログ参照)、そのような歴史教科書を歴史家と科学史家との協力で作ろうと思い、そのために高校の世界史の教科書を読んでみた。まず『詳説 世界史』改訂版(山川出版社)を読み、その感想を前々回のブログに書いた。次に、『新改訂 世界史B』実教出版 を読み終えたので、その読後感を以下に述べる。


『新改訂 世界史B』(実教出版)を読んで

先に読んだ『詳説 世界史』改訂版(山川出版社 2008)と比較して見ると、構成も内容もかなり異なっている。この差異は執筆者の歴史観の違いによることが読み取れる。
 歴史における科学・技術の役割を取り入れることは、この教科書をベースにできそうである。

1.地域・時代区分とその関連

 地域と時代に区分はほぼ共通しているが、それぞれの地域の取りあげ方と重みに差がある。そして、西欧中心史観からの脱皮の意図がみられる。
 この教科書での地域区分と時代区分は、やはり通常のように、政治権力(国家)の樹立と権力闘争(領土の拡大、支配者の交替)を基本にしてなされているが、それら区分法には民衆の活動に伴う文化や経済の要因がかなり加味されている(『詳説 世界史』と比較して)。したがって、科学・技術の果たした役割を取り入れやすい。
 全体的に言えることは、歴史の流れをできるだけ地域と時代間の相互関連・影響を記述しようとの姿勢が感じられる。古代からの世界の動きを一冊の教科書にまとめるのであるから限界があり、説明は不十分であるのは致し方ない。
 
2.経済、文化(思想・宗教、芸術、)、技術・科学

社会の上部構造の記述は、当然ながら政治・権力を中心になされているが、その変動や推移には、権力闘争や宗教的派閥抗争の他に、生産力(農業、工業)と産業様式の進歩発展とそれに伴う商業と交通・運輸の役割についての配慮がかなり見られる。17世紀の近代科学成立(科学革命)とそれに伴う思想変革の意義、そして産業革命による西欧諸国の進出や社会生活への影響もやや詳しく述べられている。しかし、さらに強調すべき点があると思うし、それら相互の関連づけが弱い。

全般的に科学・技術の事項を取りあげている箇所が、『詳説 世界史』改訂版(山川出版社)に較べてかなり多い。 だが、20世紀の科学革命の意義とその影響をトピックス的に取り上げるに止まっているのは物足りない。  もっと詳細に論じて欲しい。 

3.終わりに:歴史における科学・技術
 
 人類の歴史は、人間が火を使うようになって食種が一挙に多様になり、銅や鉄を利用するようになって生産技術と狩猟と戦争の武器が飛躍的に進歩した。そのために、定着農業が可能になり、食料や生活必需品の生産に余裕ができた。都市や国家ができて支配層と被支配層が生じた。支配領域を拡大し、また遠征を繰り返して巨大王国や帝国が生まれた、そのような度重なる戦や遠征が可能なのは、食料の備蓄と輸送手段の発達があったからである。あまり目立たないが、古代文明から中世にかけて機械の改良・発明も徐々になされた。建築技術と道路施設の技術は大都市の形成に不可欠であったろうし、逆にその過程で技術が進歩し、科学が芽ばえた。その知識の蓄積は近代科学の成立には欠かせない。

 近代科学の成立はその後の社会のあり方、思想・自然観、生活文化を徐々にではあるが大きく変えていった。たとえば、信仰の時代から理性の時代への転換は、大きな宗教改革であり、やがて宗教支配の世界を科学優位の世界に変えた。また、産業革命の影響は世界制覇の地図を塗り替えるほどであったばかりでなく、資本主義社会を可能にし、物質文明をすっかり変えた。その産業革命が起こったのは近代科学の誕生と中世以来の機械技術の進歩とその蓄積があったからである。このように歴史の上部と底辺で科学・技術は絶えず連綿として寄与し続けてきた。

 20世紀の科学革命の意義と、それの思想、技術、政治・経済への影響は近代科学革命にも比肩しうるほどである。それゆえ、もっと詳しく社会全般的に地球規模でそれを見るべきである。いまや、科学・技術は歴史の表に出て政治・経済を動かすまでの力を得ている。現代社会における科学・技術の役割の良い面と悪い面を指摘し、科学・技術のあり方を考えるようにしたい。
 このように、科学は文化であり、社会の上部構造と下部構造に寄与してきた。そのような視点で人類史を書くべきであろう
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 自然と科学. all rights reserved.